人類の起源と人類の拡散
11053 「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 @
 
毛針田万作 ( 41 岐阜 ) 01/09/18 PM01 【印刷用へ
 モンゴロイドの形成について調べているうちに、ウォルポフの「北京原人にすでに現代モンゴロイドに繋がる特徴が現れている」という説に行き当たり、ますます混乱していたところ、ほぼ「多地域進化説」が否定されるのではないかという成果が紹介された
 
>アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説 
2001年06月25日 
 60億人もいる現代人は、もとを正せばすべてアフリカ生まれ――改めて説明するまでもないことだが、イギリスの古人類学者クリストファー・ストリンガーの説く“Out of Africa Model”(現代人のアフリカ起源説)である。

 このほど、これを支持し、分子レベルの決定的とも言える新証拠がまた現れた。今度は、現代人の性染色体の一つであるY染色体からの証拠である。

 これを解説する前に、現代人のアフリカ起源説に初めて接する読者のために、この説をほんの少し補足説明しておこう。10万〜20万年前にアフリカに誕生した現生人類の祖先は、10万年前頃に中東に進出し、そこから世界に拡散し、西のヨーロッパでは先住のネアンデルタール人と交代し、また東のアジアでもホモ・エレクトスの子孫と入れ替わった――というのがアフリカ起源説である。これに対し、現生人類は世界各地でその祖先となる人類が進化し今日の「人種」を形成したのであって、アフリカから移住してきた新しい人類との交代はなかったと反論しているのが、アメリカのミルフォード・ウォルポフらである。この考えは、旧世界の多地域で現代人は進化したというので、多地域進化説という。

 現生人類の起源論争を長くウォッチしている私は、だいぶ前からさまざまな機会でアフリカ起源説支持を明らかにしているのだが、その理由は遺伝子と化石の双方から納得できる証拠が得られていると考えるからだ。

 ところで考古学者の中には、アフリカ起源説を単純に「イヴ仮説」と誤解している人が少なくないのは勉強不足だと思う。「イヴ仮説」というのは、1987年1月の英科学誌『ネイチャー』で公にされたレベッカ・キャンらによるミトコンドリアDNA研究で提起されたもので、要するに現代人のミトコンドリアDNAを分析すると、すべてが20万年前頃のアフリカに住んでいた一人の女性(つまりイヴ)にたどれるという解釈である。この研究の有効性は、分析に用いたコンピューター・ソフトに間違いが見つかり、後に基本的には誤りとされた。しかしその後、共同研究者も含め、多くの分子遺伝学者の研究成果が出揃ってみると、キャンらの提言は本質的には正しかったことが確認された。分析対象はミトコンドリアDNAばかりか核DNAにも広がり、こうした分子証拠の積み重ねから、キャンらの説は生まれ変わり、現生人類が10万〜20万年前のアフリカに起源を持っていたことが広く承認されるようになっている。少なくとも分子遺伝学者でアフリカ起源説を否定する人は、極少数派である。つまり、正しい意味では「イヴ仮説」は死んだのであり、その後の分子の証拠を総合した今日の説とは異質だということなのだ。(Aへ続く)

 
 
  List
  この記事は 10086 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_11053
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
155935 アフリカ起源説と多地域進化説の違い 毛針田万作 07/07/03 AM01
11054 「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 A 毛針田万作 01/09/18 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp