現代意識潮流を探る
109352 「答えを出せる」認識
 
山田純子 ( 24 滋賀 OL ) 06/04/20 PM06 【印刷用へ
先日のなんで屋劇場に参加して、若者がどんどん社会不全⇒認識(知識?)欠乏・答え探索に向かっているのを感じた。

しかし、その答え探索の中で掴んだものを「一つの知識」として価値観念的にしか捉えられていないように思う。例えば、なんで屋劇場で言えば、内野陣や議長の発言の「ワンフレーズ」に対しては理解できる(青ボタンを押す)が、「それらがどう繋がっているか」までは捉えられていないため「新認識の必要」までは理解できないようだ。

なんで屋やこのるいネットで語られる認識は「構造認識」というだけあって、全てが繋がっている。

では、この「繋がっている」という感覚を生起させるにはどうしたらいいのか。

自身の経験からしても、「繋がっている」感覚が出てきたのは、何度も反復的に新認識に触れる中で生じてきたように思う。
答え探索から、最初はとにかく旧観念・新観念問わず「なるほど!」と思った知識を「答え」として試しに使ってみる。そして「これは、使える!」と感じたものが深く記憶される。それを繰り返すうちに、「答え」として機能する新認識がたくさん蓄積されていく。それらがどんどん増えていくことによって、繋がりに気づいたように思う。そして、まだ完全に繋がっていない部分もこれから繋がっていくのだろうという予感もある。

新認識を体得するには、反復練習が不可欠。
しかし、「答えを出せる」のは新認識であって、皆がこの可能性に気付く日は近いのだと感じる。


 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_109352
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp