共認運動をどう実現してゆくか?
109238 会社の上司も、なんで屋の活動に可能性を感じてるのかもしれない・・・。
 
志水誠 ( 27 神戸 会社員 ) 06/04/18 PM10 【印刷用へ
私は、会社に入って9年目になるのですが、会社の直属の上司といまひとつうまがあわず、仲間とも話しがあわず、一時期本当にやめようと思ったほどでした。

しかし上司のほうは、どうしても私を会社に置いておきたいとお願いだからコミュニケーションを取って欲しい。と言われつづけてました。

つい1週間前から、一枚の紙に上司から朝、手紙を渡され、「返事を裏面に書いて欲しいということで、自分が今思っていることを、率直に書き綴りました。上司は、普段かなりくどい叱り方をする人なのですが、手紙に書かれている文章は、とても温和な表現で、読みやすく、読んでいてあったかい気持ちになりました。

3通目ぐらいから私は、なんで屋で今やってること、なんで屋が常に言い続けていることを、文章にしてみたところ、次のような返事が返ってきました。 以下は上司の文章です。

>現実を直視する。徹底的に追求する。悩みは聞くが決して慰めない。きつい話かもしれませんが、その通りです。あなたが今、会社で置かれている立場をよく考え行動する。誰も慰めてはくれないし、構ってもくれません。その方向を誘導することぐらいしかできません。あとは、自分自身がどこまで出来るのか、その為に人の手を借りてもいいのです。コミュニケーションを取り、人と人とが触れ合うことから始まるのです。どれだけ逃げても問題は、後から後からついて回るものです。それに立ち向かっていかないと、何も見えてきません。なんで屋もそうだと思いますが、なんで屋が悩みを解決するのではなく、その方法をアドバイスするものだと思います。解決できるのは自分しかいないのですから。今、抱えている問題に対して正しいやり方で立ち向かっていけば、問題も解決できます。その方向をなんで屋が考え、客が実行し、解決出来るのではないでしょうか?

マスメディア・政治家はなんの答えを出さない。
これは出せないのではなく、出さないのであると思います。
なぜか、悪い言い方をすれば人ごとだからです。へたなことを言うと、人から責められる、批判される。そんなことに巻き込まれたくないからです。

朝礼でも言いましたけど、やはり自分主義なのです。自分を犠牲にしてでも人のために尽くす人は少ないと思います。

でもやはり、人の気持ちになって物事を考える様になれば、自分も大きくなれるし、人にも喜ばれると思います。そういった会社、あるいは、なんで屋にしなければいけないのではないでしょうか?

正直、それまでこんなに丁寧に返事をくれるとは思わなかったし、「なんで商会」といってたので、あんまり自分のやってる活動に対して、関心がないのかなと思ったのですが、この文章を読んで、感動しました。

口頭では、どうしても価値対立とかになりがちで分かり合えない時が多いがこうやって、自分の伝えたいことを、文書化すると本当に冷静になれるし、相手にも伝わりやすい。ネットではないのですが、「すべてをネットへ・・・と」というのは、正しい方向なのだなと、改めて感じました。

今後も、上司と文書でのやりとりを続けていき、そのなかで徐々になんで屋の構造認識の話も取り入れていこうと思います。
 
  List
  この記事は 48535 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_109238
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp