学者とマスコミはグルで頭脳支配
108599 戦後教育思想の問題点
 
岩井裕介 ( 34 山口 再開発プランナー ) 06/04/06 PM07 【印刷用へ
教育改革をめぐる論議の混迷は、遡れば1970年以降顕著に現れはじめ、未だに答えが出ない状況にある。そうした閉塞の原因は、『教育思想』というものが、全て頭の中だけでつくりあげた価値観念に基づいており、現実に対する真摯な分析が全く行われなかったという点につきると思う。


※戦後教育を取巻く歴史(104711)、戦後教育思想キーワード(105018)からの分析

■戦後〜1970年
教育思想の面から言えば、この時代は二つの方向性が対立していた。ひとつは、主に教育界(教育学者・日教組)の主張である『民主・平等』をはじめとする近代思想のスローガン。もうひとつは、主に体制側(国家、文部省、財界)の要請である『系統主義』『能力主義』『教育の現代化』、科学技術・産業振興のためのハイタレント・マンパワー政策、要するに、いかに優秀な技術者や労働者を大量に育成していくかという方法論である。戦後復興から高度経済成長へと邁進し、私権圧力の強かった社会の中では、前者の観念よりも後者の主張のほうが、リアリティを持って受け入れられたと言えるだろう。

■1970年代
貧困が消滅した1970年代に入ると、教育思想も大転換する。序列圧力の無効化に伴い、学歴社会批判→受験競争批判・詰込教育批判が噴出し、『ゆとり』が教育思想のキーワードとして登場する。当時は社会的にも、反権力・人権・平等・福祉といった反序列観念が支配観念となっていくのだが、学歴批判・受験競争批判もこれと軌を一にしている。『ゆとり』観念の登場は、社会全体が、私権の強制圧力の衰弱から、ゆとり基調(ex.労働時間短縮、モーレツからビューティフルへ)へ推移したこととも符合している。
また、60年代後半から児童生徒の問題行動(暴力、家出、シンナー、暴走族、落ちこぼれ)が増加しているのだが、そうした問題の原因を真摯に分析することなく、安直に受験競争・詰込教育を悪者にし、それらを『ゆとり』によって解決しようとしたとも言える。

■1980年代
1980年代の教育思想のキーワードは『個性主義』である。教育界では「子ども中心主義」ということが盛んに言われた。この思想はユング心理学あたりに端を発し、米国の教育学者デューイによって広められ、日本に輸入されたものであるが、子どもの自主性・主体性を尊重することが良いこととされ、画一的な管理教育は悪とされた。
この時代は、校内暴力に加え、少年非行やいじめが増加しているのだが、ここでも問題の原因分析がまともに行われることはなく、子どもの主体性が尊重されていないことが問題と決めつけ、安直に『個性』尊重によって解決しようとした。

■1990年代以降
1990年代以降の教育思想のキーワードは・・・『自分探し』『自己実現』『ゆとり』『生きる力』『心の教育』etc ここでは、もはや、抽象的なスローガンを掲げるしかなくなったと見るべきだろう。観念自体があやふやというか、教育思想も拠り所を完全に失ってしまっているように思う。
90年代以降、いじめ、学級崩壊、不登校等がさらに問題化してくるわけだが、こうした問題に対して、教育思想はもはや無力無能でしかなかった。



このように概観してみても、これまでの『教育思想』は、現実の問題に対してほとんど何も成し得ていないのではないか。それは、現実の問題を構造的に分析することなく、また現実の中から新たな実現基盤を発掘することもなく、(要するにほとんど何も考えることなく)安易なスローガン=現実に立脚していない価値観念に依拠してきたからではないか。

 
  List
  この記事は 108538 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_108599
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
198831 「科学から空想へ」 〜 現代日本の教育思想の源流(1/3) 丸一浩 09/02/02 AM10
109470 教育基本法改正案にみる「愛国心」 吉国幹雄 06/04/22 AM11
109379 やはり事実観念が必要 河村雅博 06/04/20 PM10
108633 > 戦後教育思想の問題点 寺嶋眞一 06/04/07 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp