心の本体=共認機能の形成過程
105610 音読は「話す能力」も強化される
 
橋口健一 HP ( 43 大阪 技術者 ) 06/02/12 PM08 【印刷用へ
>運動性言語野が単なる言語発話機能ではなく、同化・応合機能=統合機能であると考えると、音読の効果も理解できる。音読によって運動性言語野、つまり同化・応合機能=共認機能が活性化するということだろう。(104913、冨田さん)

音読は、「読む」という行為を伴う。
「よむ(読む・詠む)」には、「一つずつ順に数える」という語源があるので、読むだけで脳の前頭前野(おでこの辺り)が活性化する。
又、音読は「聞く」ことも同時並行的に行っている。

>「聞く」も「読む」も、もののことを把握することであるが、「聞く」は聞く側の解釈を差し挾むことなく、ものそのものが発することをそのままにつかもうとすることであり、「読む」はものの現れた形を考え、そのものの内部に分け入って、つかもうとする。
したがって、まずことを「聞き」とりそしてそのことを「読み」解く。正確に聞かなければ読みは意味がなくなる。
参考:「構造日本語定義集」リンク

「聞く」は、物事をありのまま受け入れること。「読む」は一つ一つの繋がりや構造を理解すること。音読すると、同化と応合の共認回路が刺激されるので脳全体が活性化する。さらに、音読を仲間と一緒に行うことで相手の表情や場の雰囲気などの情報も掴みながら、皆の理解が促進する様に聞き方や読み方を意識的に工夫していくような効果もある。

>さらに注目すべきは、話すという行為が、同化・応合機能と一体であるということ。つまり言語=話すことの原点は、相手に対する同化・応合であるということ。(104913

ここで、「聞く」「読む」「話す」の関係はどうなっているのだろう?
つまり、周りの声を聞きながら読むという能力を強化することで、相手に物事の内容を正確に伝える=「話す」という能力も同時に強化されるのではないか。このように見ていくと、音読は(頭全体を使って)共認形成を豊かに形成するために極めて効果が高いことが分かる。
 
  List
  この記事は 104913 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_105610
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
285937 会話するって普通なこと、職場でも色んな話が出来るようにしたい 喜多雅子 14/01/07 PM08
198156 音読は健在な思考回路を鍛える 斎藤幸雄 09/01/24 PM07
175936 音読と黙読 とむとむ 08/05/08 PM04
105811 図書館に音読室を作っては 新川啓一 06/02/16 PM09
105792 やはり聴くことからかな 匿名希望 06/02/16 PM00
105750 音読と声だし 樫村志穂美 06/02/15 PM05
105727 音読の効果。 猪原裕子 06/02/14 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp