現代意識潮流を探る
104908 スクールカーストにおける序列〜今や人気ですべてが決まる!?〜
 
コユウ ( 25 東京 設計 ) 06/01/31 PM09 【印刷用へ
 最近見たニュースで「スクールカースト」という言葉を発見しました。なんだかよろしくない言葉だなあと思いつつ、気になったので調べてみました。(参考リンク

スクールカーストとは、主に中学・高校で発生する「人気のヒエラルキー」で俗に「1軍・2軍・3軍」「イケメン・フツメン・キモメン(オタク)」「A・B・C」等と呼ばれるグループにクラスが分断されてしまう状況らしいです。
 また、グループ間交流がほとんど行われなくなる現象でインドの「カースト制度」に酷似していることからこのように名づけられたとの事。

 確かに僕が学生のときも目立っている人、普通の人、ちょっと変な人?みたいな区分はありましたが、ここまで階層化されてはいなかったのでびっくり。

しかも、注目すべきがその階層の決め手となるものは、「人気」なのです。
要は「一緒にいて面白い」「かっこいい」「運動ができる」という所で階層が決まってくるのです。
 また、この階層とコミュニケーション能力が関係しているかといえばそうでもない。
 コミュニケーション能力の有無ではなく「目立つ」事が重要なのです。
しかもこの階層が決定されるのが大体クラス替え等があった1ヶ月で決まってしまう。

 また、「カースト」の名が示すとおり、いったん階層が固定されると容易に変動しないのです。まさに「カースト」ですね。そして当然の事ながら、最下層にいる人たちは、上からの一方的な圧力にさらされることになります。簡単にいうといじめです。

さて、このような現象が各地で発生しているらしいのですが、はっきりいって好ましい現象とはいえません。しかし現実問題として起きてしまっている。なぜこのような現象が起こってしまうのでしょうか。

この原因には、大きく2つの要因があるように思います。
一つ目は、社会の転換 
 この現象は、「人気」という人の評価そのものが非常に力を持っている一つの現象なのでしょう。序列の評価対象が変わったのだと思います。旧くは「暴力」(戦争社会)でした。そして、「暴力」に変わって台頭したのが「金」(市場社会)でした。しかし、我々は豊かになったことで「金」すらも序列の決定要因ではなくなってしまいます。
さて、次の評価要因は?そこで「人気」というものが出てきます。るいネットで「共認」と呼ばれるものですね。この機能は、人間誰しも持っているもので「金」のようなもので序列が決定するよりも他人からどれだけ評価を得られるかという意味である人気の方が健全です。

二つ目は、学校という特殊性でしょう。そして、これがスクールカーストの問題なのだと思います。
 つまり、学校には、課題が無い。つまり人の評価の対象となるものがないのです。
 だから、かっこいいだとか面白いだとか、表面的なものでしか判断することが出来ない。
 これが農村だったらどうでしょうか。働かなくてもかっこいい人、顔は微妙だけどせっせと働く人。評価は歴然でしょう。課題がはっきりしていますからね。
 
 ここまでのことからスクールカーストとは、人の価値が「他人にどれだけ評価されるか」という事で決まってくる社会において、健全な評価軸を作ることの出来ない学校の体制に問題があるという事が言えるのではないでしょうか。

 子供達にとって健全な評価軸を創り出すか。それが重要なのだと思います。
 社会の状況自体は、悪い方向へ向かっていないと思います。しかし、このまま指をくわえてみていると先人たちが実現した「豊かな社会」は崩壊し、「お金」が第一の社会へ突き進んでいってしまう気がします。
そうならないためにも、将来を担うべく若者にまっとうな評価軸つまりは、課題を創りだす事が急がれるのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 2240 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_104908
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
スクールカーストってなんぢゃ? 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/03/04 PM10
148451 「スクールカースト」は、失われた課題、規範、評価軸づくりの萌し? 越見源 07/03/31 PM10
148442 スクールカーストは子供たちの仲間不安⇒仲間安心への変化ではないのか? STP 07/03/31 PM07
148436 課題の無い「異常世界」 無名 07/03/31 PM06
鬱状態発動中 「雑多余録」 07/02/01 AM00
109388 子供達には集団外で共認形成の場を 太刀川省治 06/04/20 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp