経済破局は来るのか?
10333 長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
 
辻一洋 ( 35 北海道 企画 ) 01/09/11 PM06 【印刷用へ
国債の引き受けての不足は、世界連鎖株安で、海外の資本が引き上げられ、国民の貯蓄(預貯金)が金融機関を通じてほとんど国債等に投資された段階で発生するであろうことは推測できます。

そこで確実になされるであろう、日銀の国債引受が長期金利にどれだけ悪影響を及ぼすのか疑問に思います。
悲観的に見れば市中に過剰に貨幣が供給されることで(ハイパー?)インフレが起きるといわれていますが本当でしょうか?

戦中や戦後各国が戦費調達や戦後の復興資金の確保のため国債引き受けの手段を取り、激しいインフレに見舞われたことは事実です。
しかし当時は生産力が無いのにもかかわらず、通貨増大策を取ったため需給バランスが崩れインフレとなったのです。
背景として強い物的欠乏が存在していたのは雪竹氏もご指摘している通りです。

一方で現在は既に金余りであるにもかかわらず、インフレは起こらず、むしろデフレが進行しつづけています。

では、金融市場に国債の日銀引受がもたらす弊害はなんでしょうか?

なんとなく不安にも思えるのですが、楽観論の立場をとるとどこまでも数字のマジック=観念世界のできごとであり、皆がその状態を問題視しなければどこまで財政赤字が増えてもパニックには至らないという仮説も成り立つような気がするのです。
 
  List
  この記事は 10267 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_10333
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
‘70年貧困の消滅で、市場は縮小過程に入った ―その4「今後ありえない景気回復?」 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/09/25 PM10
232146 【基礎知識】 国債価格と金利(長期金利)の関係 井上宏 10/05/24 AM08
227532 転換点 洞爺 太郎 10/03/03 PM03
金利上昇政策で困ること【大間違いの経済理論】 「晴耕雨読」 07/08/20 AM01
なぜ低金利でデフレから脱却できると考えるのか【大間違いの経済理論】 「晴耕雨読」 07/08/20 AM01
“超低金利政策”はデフレを悪化させる【大間違いの経済理論】  「晴耕雨読」 07/08/20 AM01
国債発行の本質的問題とインフレ 「なんで屋<男塾>梅田」 05/05/02 PM10
84861 国債の行方 庄恵三 05/01/30 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp