日本人の起源(縄文・弥生・大和)
10329 南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/09/11 PM05 【印刷用へ
 日本人の起源(今のところ縄文人の起源)を探る・NHKスペシャル”日本人はるかな旅”第2回に,海進により,多島海となったスンダ大陸(永田さんや蘆原さんが紹介されているモンゴロイドの故地かもしれない)発の海洋モンゴロイドプレ縄文人の話が出てきましたね。

 彼らは,海洋民族として必須の船を作るための道具である磨製石器を携え,黒潮に乗って南九州に上陸し,そこの照葉樹林の森で海洋漁労民族から採取生活に転換し,早くも雑穀の栽培をはじめたりしていたようです。
 そして,彼らは,日本列島の土器としては先駆的な時期に,弥生時代に見られるような,穀物の保管土器を作っていますが,そこには,縄文ではなく,貝殻を押し付けて作った,模様が刻まれています。(後の縄文土器文化とは,異質な先駆文化なのでしょうか?)彼らは,九州のかなり広い範囲に展開していたようですが,海底火山の大噴火により壊滅的打撃を受けてしまったようです。
 永田さんが9505で紹介しておられる鹿児島の遺跡(耳取遺跡)のプレ縄文人たちです。

 彼らが,南海の故地(故海か?)から携えてきた,造船工具である磨製石器(を作るスキル)は,舟を必要としない森の日本列島で,精緻な石斧に変化します。そしてこの石斧を使う文化は,(おそらく海経由で),日本列島の各地に伝播していきます。関東の縄文遺跡からも,鹿児島の遺跡から見つかったものとそっくりの石斧が出土します。

・・・森の日本列島で何故石斧なのか?住居等の材料としての木材を切り出す道具でもあったのでしょうが・・・森の生活様式である採取とほぼ同時に見出すであろう原始的な栽培の為に森を伐採開墾する為の必需品ではなかったか?そしてこれは縄文時代という生活を支えたもう1つのキーテクノロジじゃないんだろうかと勝手に想像しています。

*************************************************************

 極北のシベリヤから来た狩猟民族,インドネシア,フィリッピンあたりの南海から来た海洋漁労民族・・彼らは,それぞれの故地から携えてきた知恵を以って,日本列島の森に適応し採取生活を始める事で,縄文人になったのであろう。

 日本列島への2つの渡来のルート以外にも,さまざまなルートで,未明の渡来があったのかもしれない(ポリネシア語の音韻と日本語の音韻の共通性を指摘する研究もあるようだ。) またこれらの渡来は,高々2-3万年前までにしか遡らない,人類500万年の歴史からすると極最近の事であり,プレ縄文人の先住民が日本列島にいたって不思議はないし,永田さんの投稿にはその痕跡が紹介されている。

 しかし,大掛かりな,種族間の闘争(私権時代以前だし)があったことを示す,痕跡は見つかっていない。ということは彼らは,融和し,混血していたのかもしれない。

 とまれ,現在にまで続く温暖期の日本列島の森に適応し採取生産をはじめた人たちが縄文人であり,それが現日本人の源流である事は間違いないんだろう。
 
  List
  この記事は 10039 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_10329
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp