子育てをどうする?
103220 出来ない、覚えられない
 
西知子 ( 30 京都 秘書 ) 05/12/27 PM03 【印刷用へ
『目の前で計算のやり方を教える→その場では教えられたとおりに出来る→次に来たときにはきれいさっぱり忘れている(@o@)』
これは、ある塾の先生から聞いた話です。そんな子が、特殊ではなくある一定の割合で存在しているとのこと。

この現象だけ見てると「なんで??」と不思議に思うけど(これを話してくれた先生は理解に苦しんでいました)、私は、女の子が道を覚えれなかったりor機械に疎かったりするのと同じだなぁ〜と思いました。
出来ないのではなく、本当は出来るようになる必要を感じていないだけなんです(^^;)もっと言うと、出来るようになりたいとあまり思っていない(どっちかっていうと出来るようになりたくない?)。
「いざとなれば、誰かが連れて行ってくれる、教えてくれる。」「出来たとしてもそんなにプラス評価ではない。」
薄々と、でも確信的に、そんな風に思っている。当然、何回やっても覚えないし、そもそも真剣に覚えようともしていない。

そしてこれは、一向に仕事で成長しないのも、一向に答えが出せるようにならないのも、根は同じ。
だから、たかが計算は得意だった(勉強は出来た)くらいで、冒頭の子供たちの事例を、傍観者的に安心したり心配したりしている場合じゃない。
むしろ、現実に目の前で課題が山積していて誰かがやってくれているのを見ても、それでも自ら吸収しようとしない私たち大人の頭は、計算をすぐ忘れる子供よりもひどいんだと自覚すべきでしょう(>_<)
 
  List
  この記事は 102986 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_103220
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
184749 教育現場で思うこと 早川誠弥 08/09/04 PM10
172654 当事者に。 倉田慈満 08/03/18 PM05
154869 > 103220 出来ない、覚えられない 寺嶋眞一 07/06/21 AM07
152480 5科目も何も関係ない子供 藤田公一 07/05/24 PM09
若手社員が使えないのは、誰のせい?? 「これからは探求の時代」 07/01/13 PM10
130136 子どもたちの記憶回路の外部化 尾曲圭介 06/09/06 PM08
130133 育たない子どもと育ってないまま社会に出た若者 匿名希望 06/09/06 PM07
130125 できない、覚えられない、で済まされてきたが、こんな時代は、終わった。 矢野聡子 06/09/06 PM04
130110 実際の勉強の「内容」は役に立たないかもしれないが、その「思考過程」は役に立つ おっしー 06/09/06 PM00
130089 ホントは「できるし覚えられる」のに ブリジストン 06/09/06 AM01
129968 物事をちゃんと覚えるためにはどうすればいいの?  ゆずの素 06/09/04 PM04
流動思考と一旦停止。 「なんで屋@滋賀」 06/07/03 PM01
110752 何事も先達は必要だが、全てを先達に頼ろうとする思いは大間違いで、課題捨象に他ならない。 匿名希望の天神様 06/04/29 PM10
108146 支えてくれた人 「覚えよう」 と思う気持ち 東努 06/03/27 PM09
107655 分からないでは済まされない時代が来た。 安藤太地 06/03/19 AM09
105349 子供達が求めているものは社会と自分を結び付けてくれる認識 中野泰宏 06/02/08 PM02
「出来ない」のではなく、やりたくない、出来るようになりたくない 「女は太陽♪」 06/01/23 PM01
104392 どれだけ大きな充足イメージを抱けるか 丸山桂 06/01/21 PM10
104228 私権時代以上に、「勉強の必要」は高まっている。 福田尚正 06/01/19 AM06
01.15 町田露店お手伝い 「新しい露店主のカタチ〜充足発信〜」 06/01/18 PM10
103995 意味を理解して初めて使える。供給者になれる。 清水志保 06/01/14 PM04
103962 ぶら下がりのない先端収束、本源結合≒共認原理 佐藤英幸 06/01/13 PM04
明けましておめでとうございますm(__)m 「なんで屋@奈良」 06/01/11 PM10
103894 「なんで?」を考える過程があってこそ、答えがある 小林千春 06/01/11 PM06
103891 いま勉強の意味を問う事 匿名希望 06/01/11 PM04
できないのはなんで? 「★なんで屋@名古屋にゅ〜す★」 06/01/10 PM10
103852 現実(実感)と勉強(観念)が断絶している 阿部和雄 06/01/10 PM07
投稿紹介『出来ない、覚えられない』 「★なんで屋@名古屋にゅ〜す★」 06/01/07 PM10
103736 勉強するってどういうこと 志水満 06/01/07 PM06
103715 受信拒否じゃ、吸収しないのは当然。 佐々木健二 06/01/06 PM11
103693 教える側教えられる側共に期待応望 浦野てる代 06/01/06 PM06
103686 出来ないままの方が都合が良い? 匿名希望 06/01/06 PM03
103682 今や、我々大人は360度からの共認圧力にさらされている。 毛針田万作 06/01/06 PM02
103633 新しい勉強の意味を伝える 大木康子 06/01/05 PM00
「勉強するのはなんで?」の意味するものは? 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/05 AM09
103628 意味の教育 ゲン 06/01/05 AM04
103617 「できない、覚えられない」を、どうする?(追究すべき課題とは、何か?) 安西伸大 06/01/04 PM10
103614 出来なくても覚えられなくても・・・淘汰されない? 田中健太郎 06/01/04 PM09
103613 「関係ない」「自分は違う」という意識 長谷川文 06/01/04 PM09
103587 算数ができないのは国語力がないから! 田野健 06/01/04 AM02
103571 人に伝える、教える 加藤弘行 06/01/03 PM09
103563 実現の過程を共にする充足感 芝田琢也 06/01/03 PM07
103555 真剣に覚えようとするということ 前田かおり 06/01/03 PM03
103535 “意味”が問われる時代 久保田彰子 06/01/03 AM02
103464 出来るようになるには共認機能の再生が必要。 丸一浩 06/01/01 PM08
103459 子供の観念機能の低下 近藤文人 06/01/01 PM07
103458 子供の記憶回路の劣化 近藤文人 06/01/01 PM07
103438 子供は大人(先生)をよく見てる 小暮 勇午 05/12/31 PM11
103434 子供達の問題だけではない。 田宮昌明 05/12/31 PM11
103433 子供とるいネット 江岸元 05/12/31 PM10
103413 出来る、覚えられる子 佐藤英幸 05/12/31 PM06
103410 出来ない、覚えられない 大人の頭 山本豊 05/12/31 PM05
103401 必要を感じないと危機をも捨象し学ばない 新井重雄 05/12/31 PM00
103331 できる人とできない人 吉岡摩哉 05/12/29 PM09
103252 『出来ない、覚えられない』について。 もぎたて果実 05/12/28 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp