学校って、必要なの?
103100 フィンランドメソッドについて
 
安西伸大 ( 32 岐阜 企画 ) 05/12/24 PM05 【印刷用へ
フィンランドは、ここ数年OECDが実施した『学習到達度調査』で好成績を収めており(読解力の分野で1位)『教育先進国』として、『どういう授業を行っているのか?』注目を集め、世界的な調査対象となっています。

その実態が書かれた本『フィンランド・メソッド入門』に、『小・中学校でどういう授業を行って成功しているのか?』『なぜ、学力があがっているのか?』について、書かれていましたので、要点をまとめました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●フィンランドでは、発想力・論理力・表現力・批判的思考力・コミュニケーション力を鍛えるための練習を、子供のときから(授業によっては8歳〜)沢山やっている。
練習量が多いから、力がついている。
(逆に日本人は論理力を身につける練習が足りないから、OECDテストの成績が落ちている)

@【発想力を鍛える】【論理力を鍛える(頭の中に論理回路を作る)】

事例@カルタ(マインドマップやメモリーツリーとまったく同じ)を作る集団授業。

・白板に大きくテーマを書き、(例えば『携帯電話』と書く)そのテーマについて、『いつ・どのように・どうして・どうなった』が分かるよう、みんなで、枝葉をどんどん記入していく。ストーリー(昔話など)も、カルタ(マインドマップ)にする。
・まず発想力を高めることで、分析力・創造力を養っていく。

事例Aカルタを作る授業以外でもなんで?どうして?(フィンランド語でミクシ)が連発される。母国語を外国語のように教える。(著者は、ミクシ攻撃、と呼ぶ)

・基礎的な事柄でも、どうして?と問いながら進め、原因と結果がみんなに分かるようにしている。(例えば、文法の授業でも『机が名詞なのは、なんで?』などを聞いている。)

・子供は答えられないことが多いが、気にせず、聞きつづける。これによって『意見には理由をつける』ことを学ぶ。

B【表現力を鍛える】

事例 一番短い作文を書けるのは、誰かな?

・いくつかの単語から、作文をする授業。国語の教科書に採用されている。
(日本の国語の教科書では、せいぜい1個〜2個の単語で文を書かせる程度)
・例えば『学校・友達・遊べる・先生・勉強できる・楽しい・つまらない・夏休み・会う』という15個の単語を黒板に書く。
・次に『これらの単語全部を使って、作文を書こう、一番短くかけるのは誰かな?』と聞き、すべての単語を関連付けた文を書かせる。
・これによって、言葉を自在に使いこなす練習になる。最小の文字数を指定することで、要約する力がつく。
 論理性があり、周到な論理を構築しても、それを的確に表現できなければ、相手に伝わらないことを学ぶ。

・その他事例として『フォーマットに従った作文授業(決して自由にかかせない)』や『何がどうした、を考える、カルタと組みあせた作文授業』『算数の文章題を国語の選択肢問題にする(解答するために必要な情報だけ抽出する力)』など。

C【批判的思考力(論理力応用編・本当にそうかな?)・コミュニケーション力を鍛える】

事例@ 4〜5人制の作文添削授業

・4〜5人制で、作文の作成者を一人決め、その子が作った作文について、他の3人〜4人が『いいところ』と『悪いところ』を10個づつ挙げ、修正していく。
・次に、他のグループと作文を交換して、さらに『いいところ』と『悪いところ』を挙げて、修正を重ねる。これをやると、とても小学生が書いたとは思えない、まとまった作文が完成する。
・最初は『悪いところ』だけ挙げていたが、そうすると授業が終わっても、延々議論が続くことになり、ケンカになることを学び、@『いいところ』も列挙しA『会議が終わったら、その話しはしない』こともルールに付け加えた。

事例A 4〜5人制で、討論する授業

・誰か1人が班長となって進め議論に必要なルールや決まりごとを、子供たちで作っていく。
・例えば、【遠足に行く】というテーマで話し合うとき【そもそも、なんで遠足に行かなければならないのか?】といった議論はタブーであることを学び『それはルール違反だ』と発言できるようにする。(議論の前提を覆すような問いがあると、話しにならないことを経験させる。)
・もし、遠足に行きたくないのであれば、なぜ、そう思うのか?どうして?の問いかけを常に行う。相手の意見をまるごと否定したり、遮ったりするのはタブーで、常に最後まで聞く。その上で、相手がなぜそう思うのか?意見を言った理由を聞き出す。

・自分発のなんで?ではなく、相手がなんでそう考えたのか?を考えられるよう育成する。

・フィンランドには、元々『相手の目をみて話す習慣』がなかったが、相手の目を見ながら話すのを努力目標とすることで、子供たちも、恥ずかしくなるくらい、相手の目をよくみて話すようになっている。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_103100
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
238348 フィンランドから marimikko 10/09/23 PM04
新たな時代の教育制度の提案に向けて〜北欧の教育:平等主義や福祉主義からの教育では可能性がない、外圧に対応した共認形成が生命(スウェーデンとフィンランドの違い) 「感謝の心を育むには」 10/05/31 AM11
210399 PISA(子供の学力調査)のモデルはフィンランドよりドイツなのだろうか? リンゴヨーグルト 09/07/08 PM09
173499 発信するための吸収〜フィンランドメソッドより〜 ビスタ 08/04/04 PM04
国語力を鍛える(言葉カルタ) 「Nariの書斎から」 07/01/12 AM03
欲ばり過ぎるニッポンの教育 「オチョー」 07/01/06 PM11
103960 Re:フィンランドメソッド あずみ 06/01/13 PM01
103342 実際のところはどうなんでしょう? 折目裕 05/12/29 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp