日本人と縄文体質
102094 日本人は精密作業に長ける
 
匿名希望 05/12/06 PM01 【印刷用へ
カーナビの製作会社で働く友人から聞かされた話だが、アメリカにある工場にいくら言っても設計通りの品が上がらないらしい。いつも大きいか小さいか、最後はあいつらはやる気がないというところに落ち着く。

日本人ほど精密作業に適した民族はいない、という神話はよく耳にする話だが、なんとなく日本人の傲慢さを感じさせるようであまり好きではなかった。

> マサチューセッツ大学アマースト校のカイル・R・ケイブ準教授は、次のようにコメントしている。「これらの研究結果は特に注目に値する。文化の違いが、目の動きを制御するというような低レベルの認知プロセスにまで及んでいることを示すものだからだ。われわれが世界をどのように見、どのように探索するかは、われわれが生まれ育った場所によって事実上決まるということを、これらの結果は示唆している」(長谷川さん 96997)

確かに物事を見る眼(尺度)からして異なるのであれば日本人の特性として納得できるし、友人が工場に与える指示もやる気云々抜きにして、土台無理な要求なのだろう。

西洋・東洋における目の動き、下位認知プロセスの違いは文化によって育まれ、また社会の成員となることで文化を形成していく。なるほど差異が生れるのはもっともだが、昨今欧米型の生活タイプが定着してきたためか、村落共同体の解体からか、はたまた個性偏重教育からか、第三者の視点を意識できない若者は増加の一途を辿っている。と同時に小・中学生による殺人・傷害も増加傾向にある。これは繋がりの無いことだろうか。

我々の文化が失ってしまったものは何なのか、取り戻す術はないのだろうか。神話が崩壊しつつある気がしてならない。
 
  List
  この記事は 96997 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_102094
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp