るいネットを応援する
10192 共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/09/10 PM07 【印刷用へ
☆つながり・広がり⇒皆が次々と投稿してくれる事こそが、最大の引力となっている。
●皆が次々と投稿して、一つの共認が形成されてゆくこと(そこに参加していること)に、最大の価値がある。
●そこには、共認形成に参加するという、私権時代に失われた最も本源的な共認充足がある。
●そこでは、個人名や個別の意見などは重要ではない。みんなが共認の場を形成し、必要な評価共認や規範共認に収束してゆくこと自体に価値がある。
注:これは、従来の全ゆるメディアのどの発信様式とも異なった構造である。しかもネットは、双方向の会議(発信)とも異なっている。会議では一部の人しか発言できないがネットでは全員が発信できる。
また、対面では笑顔etcでごまかせるが、ネットではごまかしが効かない。むしろ、全員が発信することによって、ごまかしが浄化されてゆく。
だから、ネットは、皆が参加することによって生み出される新しいまつりの場なのである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_10192
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
227460 まつり場での評価共認、規範共認 山上勝義 10/03/02 AM11
226988 新しい“まつり”の場の生命は? 麻丘東出 10/02/22 PM06
226298 共認形成の場とは、実現へと繋がる場である 三浦弘之 10/02/11 PM10
222830 答え欠乏の顕在化により、ネットは新しいまつり場へ ムカシ若者 09/12/27 PM10
219855 ネットによる共認形成は徐々に実現してきている〜ツイッターの事例より〜 浅野雅義 09/11/17 AM00
219761 新しいまつり場での共認形成過程は収束構造 なんでやねん 09/11/15 PM10
どうなる?ネットの可能性〜共認革命に学ぶ 11「皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される」、12「ネットこそ主役で、交流会は付録にすぎない」 「日本を守るのに右も左もない」 09/11/04 PM09
218807 共認を紡いでいく事。それがるいネットの一番の面白み♪ 樫村志穂美 09/11/03 AM01
218135 皆が次々と投稿する為に、説明思考⇒探求思考へ アリンコ 09/10/26 AM01
213225 普通の人たちが集える共認形成の場 山上勝義 09/08/19 PM11
213215 個人名や個別の意見などは重要ではない ヨネ 09/08/19 PM10
213203 発信は、何であれ○ 佐藤晴彦 09/08/19 PM07
213200 ネットと対面の場を両輪とする事で、更に深い共認形成の場が成立する 山田孝治 09/08/19 PM07
209296 ネットは、果して誤魔化しがないか? 中村英起 09/06/21 PM10
208248 今後、共認運動を広めるために(ネットだけでなく)「本」+「小グループ会議」が有効か? 田村正道 09/06/06 AM03
208098 大学図書館にみる『ラーニング・コモンズ』という形態 匿名希望 09/06/04 AM02
207094 場の共認を作り出せるという活力が、まつりの引力を生み出す 磯貝朋広 09/05/22 AM01
207090 皆で繋いでいく場 加賀見香苗 09/05/22 AM00
207009 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される☆ あわわ 09/05/21 AM00
207000 共認形成に参加するという本源的な共認充足とは 喜田育樹 09/05/20 PM10
206993 皆が参加することでネットも浄化されている 小林雅志 09/05/20 PM09
206837 ネットは誤魔化しが効かないことについて、問題点と可能性 山田徹 09/05/18 PM09
205869 皆が参加して、1つの共認が形成されていく事に最大の価値がある。 むはひふ 09/05/05 PM00
198070 【図解】「皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される」 匿名希望 09/01/23 PM03
194162 ネットしかない! 松下晃典 08/12/06 AM10
194102 ネットに参加する必然性 鈴木康夫 08/12/05 PM07
191095 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 立石裕美 08/10/31 AM00
190096 発信階級は追い込まれた♪ タマゴ丸 08/10/19 PM07
183031 【図解】共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 浅見昌良 08/08/10 AM00
181705 ネットの可能性 ダイ 08/07/20 PM10
180984 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 矢ヶ崎裕 08/07/11 AM01
180953 3つセットで最大の引力に繋がる コールスロー 08/07/10 PM08
178950 ”共認形成に参加する”という事は望んでもできない時代が過去に5000年間もあった。 田野健 08/06/11 PM06
178937 共認充足はどうしたら得られるのか? 大嶋洋一 08/06/11 PM03
178929 「仲間」と「答え」がある場だから充足できる 熊谷順治 08/06/11 PM01
176397 【図解】 11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される くろかわ 08/05/14 PM04
176379 ●最も本源的な共認充足とは? 加藤俊治 08/05/14 AM11
176316 認識発生⇒意識の統合⇒あたらしい社会へ Silentservice 08/05/13 PM09
176313 全員発信 匿名希望 08/05/13 PM07
171037 “過渡期”である今だからこそ、サロンが必要になる!! 樫村志穂美 08/02/17 PM04
170837 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 鈴木龍也 08/02/14 AM00
170714 共認機能は誤魔化しがまかり通るような甘いものではない 鈴木康夫 08/02/11 PM10
163540 みんなで勝ち取る「一つの共認」(全体主義および個人主義との決別) 福田尚正 07/10/16 AM00
162536 【幹図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 橋本正雄 07/10/01 PM09
156376 「皆が参加する事が最大の引力」と成り得ているか 事例:「Yahoo!知恵袋」 ヨネ 07/07/07 PM10
156370 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 是永恒久 07/07/07 PM10
156337 皆が投稿する事が、新たな社会を作る事に繋がる 新井弘 07/07/07 PM03
154751 新しい場を拡大することが旧い場を消滅させることになる 山上勝義 07/06/19 PM00
154643 路上で新しいまつり場の形成を! 佐藤祥司 07/06/17 PM10
149060 不可能視呪縛を形成したのはTV 牙狼 07/04/11 AM11
145926 マスコミの誤魔化しを浄化する土台はネットに備わった ケリ太 07/02/26 PM10
145884 私達の手で共認形成の場を 匿名希望 07/02/26 AM11
145857 【図解】皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 太刀川省治 07/02/25 PM11
144748 「るいネット」とは? 向芳孝 07/02/12 AM11
144747 【図解】共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される コスモス 07/02/12 AM11
144738 私権時代の共認充足=共認形成の場に参加すること わっと 07/02/12 AM01
144729 最も本源的な共認充足とは? 大森義也 07/02/11 PM11
143055 ネットの今日的様相 宮本昇 07/01/22 PM05
143031 『まつりの場』は『世界と向き合うモノサシ』 津田大照 07/01/22 AM02
142988 「一人の360度の視点」から「みんなの投稿」へ 井上誠 07/01/21 PM05
139444 まつり場とは、事実認識を紡いでいく場そのもの 奥村博己 06/12/06 PM10
139439 【図解】共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 小松由布樹 06/12/06 PM09
139435 ごまかしを浄化させられるか否かは皆の発信次第 鹿村幸代 06/12/06 PM08
139380 【図解】共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 小西康雄 06/12/06 AM08
138784 場が本源的共認充足を再生していく 磯貝朋広 06/11/29 PM04
138741 【図解】共認革命11 皆が次々と投稿するだけでまつりの引力が生み出される 小林雅志 06/11/29 AM09
136732 投稿することから始まる 喜多雅子 06/11/07 PM07
136095 イントラネットは見事なまでに,「ごまかし」を炙り出す 阿部紘 06/11/01 AM02
136086 世界に通ずる一級品 阿部佳容子 06/11/01 AM00
136068 【図解】 共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される 積満也 06/10/31 PM10
135506 マクロ⇒ミクロな問題の捉え方で「何で?」思考を培う 匿名希望 06/10/25 PM11
131877 場の「引力」と「価値」が、場の活力を規定する! 中瀬由貴 06/09/24 PM07
131851 可能性に収束する 嶺山志保 06/09/24 PM01
131835 “場”は『引力』であり、“共認”は『価値』である 西知子 06/09/24 AM07
131833 1つの共認の形成を可能にするには 宮崎未帆 06/09/24 AM06
11351 踊りはじめは楽しいけれど・・・ 吉原徹 01/09/20 PM08
10803 参加する人が多いほど意見の連関かもたらせる。 井上光利 01/09/14 PM09
10657 参加する、発言できる場があることがうれしい 近藤文人 01/09/13 PM10
10626 心の何かに共鳴する感覚 大西敏博 01/09/13 PM09
10568 自然なパワー 吉村信子 01/09/13 PM00
10505 皆で作り上げた評価や規範への収束 磯貝朋広 01/09/12 PM11
10503 どんどんみんなの考えになっていく 立石裕美 01/09/12 PM11
10474 プレッシャー 山田孝治 01/09/12 PM10
10470 参加者は「実感の純度」をみています。 田村正道 01/09/12 PM10
10425 ネットでの可能性と責任 ごろごろ 01/09/12 PM01
10422 すぐに 琵琶湖 01/09/12 PM01
10413 発信しないからズレていく 石野潤 01/09/12 PM00
10391 きれいにしてから積み上げましょう。 永峰正規 01/09/12 AM00
10368 子供の頃 田宮昌明 01/09/11 PM10
10346 ゴマカシ 福島健 01/09/11 PM09
10230 一つのサイトを共認すること 熊澤敬輔 01/09/10 PM10
10226 ネット黎明期の終わり 鈴木隆史 01/09/10 PM09
10225 ネット上のコミュニケーション 柳瀬尚弘 01/09/10 PM09
10218 言葉だけでも・・・ にっすぃ〜 01/09/10 PM09
10216 全員が発信できる! 松井英仁 01/09/10 PM09
10200 ネット参加の過程こそが。 田原康夫 01/09/10 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp