暴走する悪徳エリートの所業
101142 イラク戦争による死者10万人をはるかに超える・・・グローバリズムが生み出す虐殺
 
東努 ( 27 大阪 建築士 ) 05/11/20 PM07 【印刷用へ
>世界の警察官と自らを任じアメリカの力で世界を管理・支配・指導していく・・・

グローバリストと呼ばれる官僚達が主導する今回のイラク戦争によってこれまでに少なくとも10万人以上の人が死んでいる。そのほとんどが女性や子供だそうだ。以下は1年以上前の医学専門雑誌『ランセット』を要約した記事だが、現在ではそれを遙かに超える人が犠牲になっていることになる。私権略奪集団によるグローバリズムが生み出す犠牲はどこまで広がっていくのだろうか。

(以下医学専門雑誌『ランセット』を要約した記事より)

ロンドンで編集されている医学専門雑誌『ランセット』(電子版)は二十九日、イラク戦争・占領によるイラク人の死者は十万人を超えたと推計する論文を発表しました。米ジョンズ・ホプキンズ・ブルームバーグ公衆衛生大の現地調査に基づくものです。

 科学的調査に基づく同論文によると、二〇〇三年の米英軍による侵略以降、侵略・占領を原因とする死者は控えめに見ても十万人に達すると結論。「暴力が死亡の原因であり、なかでも空爆が暴力によるほとんどの死亡の原因を占める」と指摘しました。犠牲者の大半は女性や子どもでした。

 なかでも深刻な地域は、米軍が街を包囲し無差別の攻撃を行ったイラク中部のファルージャで、暴力による死亡の三分の二を占めるといいます。

 これまでは非政府組織(NGO)「イラク・ボディー・カウント」が、メディアの報道などから市民の死者数を約一万六千人と推計してきました。今回の発表はこれをはるかに上回ります。

 レス・ロバール教授らによる同論文は、イラクの主要三十三地域のそれぞれ三十三世帯について聞き取り調査を行い、イラク侵略以後の十七・八カ月の死亡者数と死因を侵略以前の十四・六カ月と比較。その結果、イラク国民の死亡率は開戦前の二・五倍になったといいます。

 侵略以前のイラク国民の死因は、心筋梗塞(こうそく)、脳梗塞などでしたが、侵略後、暴力が第一の死亡原因となったと指摘しています。

 同誌の編集者、リチャード・ホートン氏は「論文の内容は先制攻撃に責任を負う政府に対し、多くの疑問を提示している」「イラク戦争は国民に平和と安定をもたらすには不十分だ。民主的帝国主義はより多くの死者をもたらした」と批判しています。

(参照終わり)

そもそもイラク戦争は国民に平和と安定をもたらすための戦争ではない。私権強者たちが新たな市場の拡大を求めてを他国に侵攻した略奪戦争である。アメリカへの追従・憲法の改正・・・これから日本はその加害者になってしまうのだろうか?それとも被害者になるのか?いつまでも傍観していてはこの実感のない10万人という死者の数に対し、否が応でも実感を伴わなければならない日が近いうちに来るのかもしれない。
 
  List
  この記事は 100465 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101142
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
イラク…米軍による虐殺、次々と…(虐殺の事実を隠蔽する情報操作) 「にほん民族解放戦線^o^」 07/02/13 AM03
109304 東ヨーロッパの「民主化ドミノ」の裏にはアメリカの資金と洗脳工作があった tanvool 06/04/20 AM01
101925 白リン弾:米軍がイラクで民間人に使用 匿名希望 05/12/03 PM07
101779 傍観していると 大島健男 05/12/01 PM02
101390 果てしなき膨張主義 中村朋子 05/11/25 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp