私権社会の婚姻制
101135 結婚の歴史
 
匿名希望 ( 30 東京 技術者 ) 05/11/20 PM04 【印刷用へ
日本における結婚(男女関係)の変遷を調べてみました。

○日本の結婚の原形態(古代)
>そもそも原始時代は、男女が気ままに結婚する「共同婚」が行われていました。はじめは族内で行われていたのが族外にも広がり、生まれた子は母のもとで育つようになりました。これが母系氏族制の始まりで、やがて男側が女側に通う「妻問婚」の形態に発展したと考えられます。
古墳時代にこの「妻問婚」が行われていたようで、”ツマドイ“の語は、古事記や日本書紀、万葉集などの書物にみられます。妻問婚は、自由恋愛による結婚でしたが、夫婦は別居の形でした。
求婚には、男が女家の窓や戸口のすきまなどから呼んだり、男の求婚歌に女が答歌するなどの方法で行われていました。

古代では、男女関係はきわめておおらかで、今で言う「恋愛」と「結婚」とのさかい目は明確ではなかったようです。


○通い婚(古代〜平安時代)
>結婚は、単なる男女の結びつきから、次第に婚礼の形をとるようになります。婚礼は、最初は「露顕」(トコロアラワシ)として発生しました。これは、男が女のもとに通ってきて寝ている現場を、女家の人たちが見つけて明らかにし、餅を男に食べさせて、男を女家の一員とする儀式でした。のちにこれは忍び通いの三日目ぐらいにするようになったので「三日餅」(ミカノモチヒ)といわれます。女家の親が婿を取る、いわゆる婿取の儀式です。三日餅の儀式は、奈良時代頃に農民の間で発生したと考えられています。平安時代になると、文献には”ムコトリ“の語がみえ、妻問婚は婿取婚に形を変え、同時に夫婦の居住は、別居から同居(妻方)への移行をはじめたようです。露顕、三日餅(三夜餅などともいう)などの婿取りの儀式は、貴族の間でも儀式化、多様化し、諸行事が営まれるようになりました。

 
○家父長権の成立(鎌倉時代から戦国時代〜江戸時代へ)
>鎌倉時代頃になると、婿取婚の形をとりながらも、相当期間の後に夫方に居住するなど、次第に母系型家族の形が崩れてきます。
それに伴ってか父権が絶対的なものとなり、必然的な形として「嫁取婚」が現れます。嫁取婚が行われるようになったのは、室町時代からといわれ、文献にも、"ヨメトリ""ヨメイリ"の語がみえはじめます。
家と家との結びつきという色が濃くなり、武家などでは当たり前のように政略結婚が行なわれていました。婚礼における礼法も整えられ、色直し、引出物、里帰りなど、現代でもなじみ深いしきたりも、この時期に生まれています。江戸時代には、仲人、見合いなども出現しました。

鎌倉時代になると、家父長制の成立に伴い、妻が夫の家に嫁入りするようになります。この習慣は武士から始まって、徐々に社会全体へ広がっていったようです。室町時代以降は、特権階級の間では結婚(婚姻)が私権闘争のツールとして行われていたようです。
基本的には庶民には結婚は馴染みの薄いものだったようですが、江戸時代になると、幕府は上下の秩序を守るため『家』をすべての基礎としました。これが明治以降の結婚(婚姻)という男女関係の基礎になっていったと思われますが、当時はまだ流動的な関係だったようです。


○結婚制度の確立(明治時代から現代)
>明治になり、宗教の自由が憲法により保証されたこともあって、宗教による結婚式が増え、結婚のスタイルは多様化します。
地方においては昔ながらの自宅結婚式が行われていましたが、都市部では、意外に簡略に行える神前結婚がにわかに流行し、神社での結婚式が増えました。第二次大戦中、形だけの質素な結婚式しかできなかった時代もありましたが、現在では、結納、挙式、披露宴の合理化が進む一方で、個性あふれるさまざまな婚礼が行われるようになりました。

明治政府が一夫一婦制を制定し、結婚(婚姻)制度が確立しました。
理由は近代化し諸外国が訪れるようになった日本で、海外から男女関係の曖昧さを指摘され、明治政府が急遽制定したといわれているようです。現在まで続いている結婚制度ができたのはつい最近のこと・・・しかも結婚式にいたっては大正天皇が行った神前式が定着し、1990年代までは主流だったようですが、リクルート発行の「ゼクシー」によりキリスト教式のウエディングが流行すると、一気に衰退。
本来はみんなで祝う披露宴が中心だったようです。

(参考リンク
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101135
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
246069 戦前から大きく変わった結婚観 三浦由衣 11/02/21 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp