アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
101011 日本は世界の財閥の代理戦争の手駒の1つ?
 
亀若雅弘 ( 40代 大阪 塾講師 ) 05/11/18 AM11 【印刷用へ
日本に多大な影響を及ぼし、世界経済を牛耳るアメリカ。そのアメリカを動かしているのは、大統領でもなければ二大政党でもない。ロックフェラー、ヴァンダービルド、モルガン、アスターといった財閥の遺産相続人たちだ。 彼らはヨーロッパの財閥ともつながっており、その要請と指示に従ってウォール街のビジネス集団は活動する。
彼らは世界中のあらゆる情報を収集分析し、常に人より先んじ、また必要とあらば政策・予算・外交までをも左右する。何故なら彼等の意を汲むプレーヤーには国務長官、財務長官、国防長官、CIA長官、大統領補佐官、アメリカ通商部代表、輸出入銀行、アメリカ中央銀行、IMF、ガット総裁、そして合衆国大統領。しかもこれらプレーヤーの配下には、その道のトップクラスのプロ集団がひしめいているのである。

ここで世界の財閥と言われるグループを大きく2つに分けてしまうと下記のようになる。そして、支配下の大企業(多国籍企業を)羅列すると、恐いことになる。日本が一財閥の歯車にされようとしている。いやされている?

【Rothschild】ロスチャイルド(ユダヤ系財閥・欧州拠点・米民主党支援・金融関連)
Royal Dutch Shell、BP、Texaco、Chevron、AT&T、NCR、Ford Motor、Renault、Philips、British Aerospace 、Lockheed 、ダッソー、
N M Rothschild & Sons 、JP Morgan、Standard Chartered Bank、
Goldman Sachs、Visa Card、Reuters 、New York Times、Washington Post 、News Week、ABC、CBS、Coca-Cola、三井物産, NEC, 住友商事,三井住友銀行(住友はロックフェラーになった!?)

【Rockefeller】ロックフェラー(キリスト教系財閥・米拠点・米共和党支援・石油関連)
ExxonMobil、GM, GE, AP, IBM, MCI, Boeing,レイセオン, GMヒューズ
NBC, アライド・シグナル, Martin Marietta、General Dynamics、
Chase Manhattan、Chemical Bank、Merrill Lynch、Dillon Read、Baring Brothers、SG Warburg、Morgan Stanley、Master Card
Wall Street Journal 、Associated Press(AP)、US News & World Repot、Pepsico,カーギル, ベクテル、三菱商事, 三菱重工 (最近ロックフェラーと和解)

彼らが郵便局に注目するのは当然。しかも日本郵政会社の初代社長は三井住友銀行の頭取。マスコミは適材適所という小泉の言葉を礼賛しているかのよう。小泉自民党はアメリカ追随を経済面の上でも大きく貢献しているのは明白。当然のことながら、郵貯の行方も知れています。

最終的には、全てにおいて日本の経済はロスチャイルド配下vsロックフェラー配下の体制・思考パターンのみとなってしまう可能性が大です。

しかしながら、その実態はロスチャイルド・ロックフェラーも同一体。目的は金儲けだけ。

となると、我々は株価が上がったなどと浮かれててはいけない。本質的にアメリカ支配。財閥VS財閥の代理戦争の手駒にされる、いやされている危険性が浮上してきます。



 
  List
  この記事は 100465 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_101011
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp