暴走する悪徳エリートの所業
100885 「奪われる日本」を読んで
 
橋口健一 HP ( 42 大阪 技術者 ) 05/11/15 PM06 【印刷用へ
『拒否できない日本』(関岡英之著、文春新書)の著者が、月刊「文藝春秋」12月号に警告レポートを書いている。

そのタイトルは、
『奪われる日本−「年次改革要望書」米国の日本改造計画』
〜米国に蹂躙される医療と保険制度〜
以下、その抜粋です。

>郵政民営化が成立した今、事情を知る者は次なる主戦場を凝視している。それは公務員削減でも、政府系金融機関の統廃合でもない。それらは真の葛藤から国民の注意をそらす当て馬に過ぎないのだ。この国には米国の手垢にまみれていない、もうひとつの官営保険が存在することを忘れてはならない。それは健康保険である。国民生活に与える衝撃は、簡易保険の比ではない。

>今年、経済財政諮問会議は戦術を変え、医療保険の伸び率に数値目標を導入し、公的医療費を抑制する仕掛けを作ろうと画策している。そうなると公的保険の給付範囲を狭める必要が出てくる。つまり、政府が価格や報酬を抑制している公的医療保険が利く分野が減らされ、外資を含む製薬会社や民間医療サービス業者が自由に価格や報酬を決められる「保険外診療(自由診療)」の分野が拡大されることに繋がる。公的医療保険に代わって保険外診療分野をカバーする民間保険へのニーズも発生する。

>それは、日本の医療制度に市場原理を導入し、公的医療保険を「民」すなわち米国の製薬業界、医療関連業界、そして保険業界に対して市場として開放することにほかならない。米国政府は初年度94年以来一貫して、医薬品と医療機器分野を『年次改革要望書』の重点項目に位置づけているのだ。

>「長生きしたければもっとカネを払え。払えない年寄りは早く死ね」。ホリエモンは「人の心はカネで買える」と言い放ったが、「人のいのちもカネで買える」時代がまさに到来するのだ。

>『年次改革要望書』は今年で12冊目を数える。既に十年以上の長きにわたって、既成事実を積み重ねてきた。たとえ来年、小泉総理が退陣したとしても、『年次改革要望書』とその受け皿である経済財政諮問会議や規制改革・民間開放推進会議が命脈を保つ限り、米国による日本改造は未来永劫進行する。

>それを阻止できるものがあるとすればそれは、草の根から澎湃(ほうはい)と湧き起こり、燎原(りょうげん)の火の如く広がる日本国民の声のみである。

以上、抜粋終わり。

 
 欧米人は医療を「カネ=物」としか見ていない。官僚が考案した日本の安定化装置としての医療制度(健康保険等)もカネが無いので機能不全を起している。もはや、私権に基づく市場原理では全く可能性が無い。これは、日本人の心底から湧き起こる類的価値との闘争なのだ。

 医師連中が私権確保のために抵抗し時間を稼いでいる間に、私たちは共認原理に基づく新しい安定化装置としての「類的市場」の実現へ向けての追求を開始しなければ手遅れになる。 関岡氏が期待しているように、ネットは正に「燎原の火の如く広がる」機能を兼ね備えているのだから。
 
  List
  この記事は 98733 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_100885
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
奪われる日本――「年次改革要望書」米国の日本改造計画 警告レポート、米国に蹂躙される医療と保険制度、関岡英之(前半) 「雑談日記(徒然なるままに、。)」 06/07/28 AM06
104937 日本版ロビイスト制度〜新たな共認形成 メル ギヴソン 06/02/01 AM09
耐震強度偽装問題の裏にアメリカの圧力? 「なんでやシート」 05/12/08 AM03
101479 RE:「奪われる日本」を読んで 匿名希望 05/11/26 PM09
101450 生命保険会社の変遷からもリアルに感じるアメリカ支配の足音 猛獣王S 05/11/26 AM03
勉強中。。。 「〜恋愛の行方〜」 05/11/23 AM03
101213 橋口さん、同感です。 メル ギヴソン 05/11/21 PM09
101146 私権原理発のあがき  山田渉 05/11/20 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp