アメリカ→官邸→マスコミによる支配
100465 世界中を巨大市場化していく諜報機関の奥の院
 
田野健 HP ( 42 東京 監理 ) 05/11/06 PM07 【印刷用へ
>現在の世界の政治を管理運営しているのは、ワシントンの「グローバリスト」と呼ばれる官僚たちと、シンクタンクの戦略学者たちである。グローバリズム(地球主義)というのは、世界の警察官と自らを任じ「アメリカの力で世界を管理・支配・指導していく」という思想である。
(中略)
グローバリスト官僚たちは、多国籍企業を所有するニューヨークの財界人たちの利益を守るために献身しているのである。(100181) 

この官僚の中心舞台がアメリカ情報機関の中枢であるCIA(中央情報局)である。アメリカの力とは今や武力ではなく経済であり情報戦略にある。
このCIAについては簡単に触れてみたい。

>【CIAの活動の内容とその変遷】
1942年第2次大戦中の諜報組織OSSが発展して設立された。アメリカが大戦後の世界で大国になるために当時の英国M16に倣って作られた。
CIAは大統領府に直属する。3万人の組織で、情報分析部門と工作部門の2つに分かれる。
情報分析部門の方では大学院を出た各国の専門家が働いている。筆者の話ではハーバード等の大学院では頻繁にCIAの募集がなされ、優秀な学者や学生をリクルートしていた。こうしてイラクや中国、ロシアの専門家を自前で育てていくわけである。CIAは冷戦終了後は軍事偏重から経済産業情報偏重へと転換。さらに宗教、麻薬、テロ、環境分野への対応の必要も唱えて、現在、世界最大の情報機関として活動している。
CIAはカーター大統領時代から、ヒューマンインテリジェンス(人間によるスパイ)を軽視し、情報化時代に即したデジタルスパイ活動に重きを置いている。
平時、有事を問わず、国家の利益を目的としたスパイ、諜報機関の活動の強大化、肥大化はいまでも続いている。
CIAの最大の特徴は情報収集から情報分析、工作活動、謀略まで一貫して行う特務機関である点である。
反米的な政権に対するクーデターの支援を行なうなど、連邦政府・国務省が公的には出来ない“裏稼業”に関わったりした事から、第二のアメリカ政府・見えない政府・クーメーカーとあだ名される。

【アメリカの他の情報機関】
アメリカの情報機関は複雑で「大統領府」に直属するCIAの他に国防省でもDIA(国防情報局)を持っている。他にもFBI(連邦捜査局)、NSA(国家安全保障局)があり、国務省、エネルギー省、財務省もぞれぞれの情報部門をもっている。NSAは有名なエシュロン(電波盗聴ネットワーク)を組織しており、世界中に張り巡らした盗聴網で機密情報を盗む。

【ブッシュが作った情報組織】
9.11テロ以降アメリカの情報組織において変化が起きた。
独自の情報局を持つ本土防衛省が設立され、この傘下にCIAとは別にFEMA(連邦緊急管理庁)が置かれた。大統領は巨大な権限を持つがCIA、NSA、FBIの官僚機関を100%統治できるわけではない。本土防衛省はブッシュ自身の軍事化・国防体制に応ずる形で誕生した。

〜以上、世界地図の切り取り方(藤井 厳喜著)、ウィキペディアより編集

上記を読み進んでいく中で感じたことはアメリカの情報網は複雑で既に統合されていないのではないか。CIA、NSA、FBI、FEMA、それ以外も併せてアメリカだけでも情報戦争になっているように思える。どの情報機関が主導権を取るかによって政策が異なってくる。イラク戦争の時はCIAは戦争推進派ではなかったらしい。(CIAの判断では時期尚早であった)

事実関係が不足しており、まだ仮説ではあるが、アメリカの国益を守るために作られたCIA組織が既にアメリカ政府のコントロールが効かない段階まで来ているのではないか。ブュシュはだから別組織を作った。CIAは、その背後に国家より市場を牛耳る巨大企業・多国籍企業がこの情報機関と強く結びついているのではないだろうか。
この視点に立てば、世界を牛耳っているのはアメリカ本体ではなく、略奪集団である勝組メガ企業とその諜報組織である無国籍と化した情報機関であると見ることもできる。

そして、世界をアメリカ化=市場化していく張本人(カビ)はその中にいる。アメリカという巨木がそのカビによって倒される日は近いのかもしれない。

>市場はどこまでも私権闘争の抜け道でしかなく、従ってそれ自体では決して自立して存在できず、国家に寄生するしかない。だから、市場は、云わば国家というモチに生えたカビである。カビがどんどん繁殖すれば、やがてカビ同士がくっつく。世間では、それをグローバル化などと美化して、そこに何か新しい可能性があるかのように喧伝しているが、それも真っ赤な嘘であって、市場が国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。国債の暴落をはじめ、その可能性は充分にあると見るべきだろう。(超国家・超市場論1131251)


 
  List
  この記事は 100181 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_100465
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本の「バブル経済」はアメリカによって仕掛けられた壮大な罠だった 「にほん民族解放戦線^o^」 10/03/14 AM10
216833 アメリカの情報機関は、国家に寄生した存在 志水満 09/10/09 PM07
216829 情報は統合されて初めて役に立つ 匿名希望 09/10/09 PM06
続・世界経済は変? 「世界は変だ」 09/01/25 PM09
「産業主義近代」の終焉で最大の打撃を受けるのは、世界で最も成功した産業主義国家日本である 「晴耕雨読」 08/12/29 PM01
世界支配層は「産業主義近代」の終焉後の世界に向けて動いている 下 「晴耕雨読」 08/12/29 PM01
世界支配層は「産業主義近代」の終焉後の世界に向けて動いている 上 「晴耕雨読」 08/12/27 PM07
「純投資マイナス」が“利潤”を消滅させる:最終回 下 「晴耕雨読」 08/12/17 PM07
「純投資マイナス」が“利潤”を消滅させる:最終回 上 「晴耕雨読」 08/12/17 PM07
国家財政と国民経済:政府支出とは国家機構を媒介にした「活動力の交換」である 「晴耕雨読」 08/10/10 PM07
国家財政と国民経済:租税とは「活動成果」や「活動力」の移譲である。 「晴耕雨読」 08/10/10 PM07
「金融資産」という大いなる“幻想”:フロー(所得)とストック(資産)について 「晴耕雨読」 08/08/24 PM03
「貨幣経済」と「供給→需要原理」:ケインズの「有効需要の原理」は“犯罪的”経済政策論 「晴耕雨読」 08/02/29 AM01
「貨幣経済」と「供給→需要原理」:【「供給→需要原理」から脱け出す方法】 「晴耕雨読」 08/02/29 AM01
「貨幣経済」と「供給→需要原理」:近代経済システムを根源的に規定する「供給→需要原理」 「晴耕雨読」 08/02/27 PM05
「貨幣経済」と「供給→需要原理」:経済問題を考えるための基本論理:「貨幣経済」の意味 「晴耕雨読」 08/02/27 PM05
「中央集権的計画経済」+生産性上昇+(対米)輸出増加+勤労者実質所得増加」→高度経済成長 「晴耕雨読」 08/02/27 PM05
「共産主義国家」の人々はなぜ豊かになれなかったのか? 「晴耕雨読」 08/02/26 PM06
実質成長率が実感できない理由や家計部門の“赤字”問題について 「晴耕雨読」 08/02/26 PM06
消費税(付加価値税)は国民経済を破壊する“悪魔の税制”:消費税なら物品税の拡張適用が本道 「晴耕雨読」 08/02/25 PM06
経済飛躍期の為替切り上げ圧力 ―日本とドイツの経験と教訓― [中国経済新論] 「晴耕雨読」 08/02/25 PM06
購買力平価を大きく超える「円高」になっている理由:“円高恐怖症”自体がその一因 「晴耕雨読」 08/02/25 PM06
外国為替レートの変動論理:金融主義米国が急激な円高・ドル安を望まないわけ 「晴耕雨読」 08/02/24 PM03
外国為替レートの変動論理:変動相場制における生産性上昇と物価変動 「晴耕雨読」 08/02/24 PM03
外国為替レートの変動論理:固定相場制と変動相場制の違い 「晴耕雨読」 08/02/24 PM03
固定資本形成と経済成長の論理:GDPに占める固定資本形成の比率回復は可能か 「晴耕雨読」 08/02/24 PM03
サウジ内相は現実を見抜いている! 「晴耕雨読」 08/02/23 PM02
“少子高齢化”は移民の受け入れで解決するのか 「晴耕雨読」 08/02/23 PM02
固定資本形成と経済成長の論理:GDPに占める個人消費比率の高さは経済衰退の証 「晴耕雨読」 08/02/23 PM02
Re: 「土地私有問題」は溶かすことができるはず 「晴耕雨読」 08/02/22 PM05
「土地私有問題」は溶かすことができるはず。 「晴耕雨読」 08/02/22 PM05
今となっては「土地所有者」は負担者で受益者は国家機構 「晴耕雨読」 08/02/22 PM05
日本と中国の勤労者所得が同じになったとき、日中の勤労者のどちらが豊かになるか? 「晴耕雨読」 08/02/21 PM06
中国発デフレ論とインフレ論の論点整理―区別すべき日本の産出価格と投入価格への影響 「晴耕雨読」 08/02/21 PM06
日本が「世界同時デフレ不況」をかろうじて押しとどめている:対米金融35兆円の意味 「晴耕雨読」 08/02/21 PM06
GDPの名目成長率と実質成長率:インフレ(デフレ)と生産性上昇を理解するために 「晴耕雨読」 08/02/21 PM06
日本の銀行業が置かれている修羅場:銀行の利潤(粗利益)とは何か? 下 「晴耕雨読」 08/02/21 AM01
日本の銀行業が置かれている修羅場:銀行の利潤(粗利益)とは何か? 上 「晴耕雨読」 08/02/21 AM01
インフレーションと経済成長(デフレーションと不況):インフレは産業への“賛助”である 下 「晴耕雨読」 08/02/20 PM06
インフレーションと経済成長(デフレーションと不況):インフレは産業への“賛助”である。 上 「晴耕雨読」 08/02/20 PM06
広告宣伝や営業マンは“需要”を喚起しているのか?:「供給→需要原理」 「晴耕雨読」 08/02/20 PM06
商業の利潤(粗利益)とは何か?:「供給→需要原理」を理解するために 「晴耕雨読」 08/02/20 PM06
戦後日本の「農業(漁業)→産業→商業・サービス業→金融業」発展形態 下 「晴耕雨読」 08/02/19 PM06
戦後日本の「農業(漁業)→産業→商業・サービス業→金融業」発展形態 上 「晴耕雨読」 08/02/19 PM06
「富」・「財」・「利潤」とりわけ「利潤」について 「晴耕雨読」 08/02/19 PM06
「国民経済主義」について 「晴耕雨読」 08/02/19 PM06
お金も「労働(活動力)の交換」という視点で考えればわかりやすいはずです。 「晴耕雨読」 08/02/19 PM06
「利潤のない世界」とはゼロサムではなかった世界がゼロサムになる世界 「晴耕雨読」 08/02/18 PM06
「減価償却費を個々の財に上乗せできない」ワケなど 「晴耕雨読」 08/02/18 PM06
“人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉 「晴耕雨読」 08/02/18 PM06
“自然の恵み”ではなく“人々の恵み”が産業を発展させ生活も向上させてきた。 「晴耕雨読」 08/02/18 PM06
産業資本家と労働者は本当に対立(敵対)関係にあるのか? 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
戦後日本が豊かになったのはただ単に「より多く働くようになった」から!? 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
「停止状態」を悲観せず「始まり」として待望した“平等私有財産制共産主義者”J・S・ミル 下 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
「停止状態」を悲観せず「始まり」として待望した“平等私有財産制共産主義者”J・S・ミル 上 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
機械の使用は労働者に有害という意見は経済学の正しい原理と一致する 下 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
機械の使用は労働者に有害という意見は経済学の正しい原理と一致する 上 「晴耕雨読」 08/02/17 PM08
「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる 「晴耕雨読」 08/02/07 PM08
トヨタは、「トヨタ銀行」とも言われるように、従業員や関連企業への貸し出しを行っているはずです。 「晴耕雨読」 08/01/29 PM06
近代の一つ前の時代を考える意義 「晴耕雨読」 08/01/26 AM11
「女性の社会進出」は“女工哀史”の普遍化状況を生み出した。 「晴耕雨読」 08/01/24 PM06
「右翼」や「左翼」について 「晴耕雨読」 08/01/24 PM06
「近代経済システム」(近代的生存様式)の特異性 「晴耕雨読」 08/01/22 PM06
太陽電池:商品としては“人々の恵み”で、利用においては“自然の恵み” 「晴耕雨読」 08/01/22 PM06
12/29なんでや劇場レポート1.「金貸し支配とその弱点、'08経済破局は来るのか」  「ブログ de なんで屋 @東京」 08/01/17 PM10
166528 ショック・ドクトリン:惨事活用型資本主義の勃興 奥村博己 07/12/05 PM06
166109 諜報活動の民営化 奥村博己 07/11/29 AM07
アメリカが世界から収奪する仕掛けはこうして構築された 「にほん民族解放戦線^o^」 07/09/11 AM00
寄生性と知的謀略 「晴耕雨読」 07/08/13 PM01
「世界帝国」のごく簡単な姿 「晴耕雨読」 07/08/10 PM11
その12:「近代」そして「個人」と「自由」 「晴耕雨読」 07/08/08 PM06
日本のODAが生み出す、地元住民の生活と自然環境の破壊 「新しい「農」のかたち」 07/07/19 PM11
このまま米国との同盟にしがみついていると、米国に「中国の穴を舐めさせられる」ことになります 「晴耕雨読」 07/07/06 AM11
非難ではありませんが... 「晴耕雨読」 07/07/06 AM11
防衛庁が「省」昇格・・・従米路線がまた一歩実現 「Trend Review」 06/12/04 PM00
115399 CIAについて。 Lucky 06/05/23 AM01
115376 ドルとは・・ 匿名希望 06/05/22 PM11
115306 FEMAって? 大島健男 06/05/22 PM02
本当に恐ろしいのは「目に見える危機」ではない。 「なんで屋@滋賀」 06/05/22 PM01
112743 「資本主義とは、要するにかっぱらい」 浅野雅義 06/05/11 AM08
CIA長官辞任 「なんでやRADIO」 06/05/07 PM06
108773 日本から「日本人」がいなくなる 向芳孝 06/04/10 AM00
105956 アメリカを誘導するメガ企業 田中一成 06/02/18 PM10
カビの増殖がアメリカと中国を崩壊に導く 「開放空間「THE ROTEN」」 06/02/15 PM09
105418 世界を支配している力関係 正国稔 06/02/09 PM08
アメリカ支配の裏側に… 「充たしあう日々」 06/02/06 PM10
102539 日本におけるCIAの諜報活動の一例。 槇原賢二 05/12/13 PM10
101350 田中宇氏のニュース記事(2004年) 佐々木健二 05/11/24 PM00
101142 イラク戦争による死者10万人をはるかに超える・・・グローバリズムが生み出す虐殺 東努 05/11/20 PM07
101011 日本は世界の財閥の代理戦争の手駒の1つ? 亀若雅弘 05/11/18 AM11
100927 CIAと麻薬の結びつき 麦秋 05/11/16 PM00
100808 国際略奪集団による共認支配→マネー経済化と金融支配   井上宏 05/11/13 PM11
100785 アメリカ政権に巣くった一つのカビ 匿名希望 05/11/13 PM01
100656 マスコミに対する発信について 匿名希望 05/11/10 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp