この記事の読者は累積35497人です。
 
市場は環境を守れない、社会を統合できない
208024 中国、インド、ブラジルは、本当に経済成長し続けられるのか?
 
狒狒 ( 48 ) 09/06/03 AM00 【印刷用へ
世界の人口が68億。

中国が13.5億、インドが12億、ブラジルが1.9億、ロシアが1.4億で合わせて28.8億。BRICS4国で世界の約半数になる。

先進国と呼ばれる地域、アメリカ、日本、西ヨーロッパ、北欧を合わせても8.5億くらい。

8.5億の人間は、過去に他地域から収奪して富を得た。あるいは途上国から安く資源を買い上げ、高い商品を売って富を得た。そして、金融業でその富をかき集めた。

で、世界のマスコミは、こらからは中国をはじめとする中進国も経済成長して同じように豊かになるのだと宣伝しまくっている。

しかし、できるのか?

富は、地球上で偏在しうるから富なのではないか。先進国は、多数の後進国から収奪した冨を原資にすることで成長できたのだが、55パーセントにも達する先進国+中進国は今後いったいどこから搾取して成長の原資を作り出すのか?

そもそも、地球の半数以上の人間が富めるだけの資源とエネルギーは地球上に存在しうるのか?

無理なんじゃないか?
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208024
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
BRICs徹底分析〜ブラジルその3 資源大国ブラジルの巨大企業 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/08/05 AM08
220396 中国・インドは、新たな「金融市場」になり得るのか? 匿名希望☆ 09/11/23 PM09
210646 【中国、新車販売世界一に…初めて米抜く】  ・・ん? 出世魚 09/07/12 AM03
日本郵政社長続投を巡る金貸しの暗闘⇒追い詰められたロックフェラーはどうする? 「日本を守るのに右も左もない」 09/06/23 PM11
209273 未来の原油輸出大国【ブラジル】 三上恭平 09/06/21 PM05
209140 中国という国家が破綻する時 〜貧困を据え置くことで可能とした急成長〜 リンゴヨーグルト 09/06/19 PM05
中国は張子の虎か? 「日本を守るのに右も左もない」 09/06/19 AM00
中国農村の空洞化と過保護の急増 「日本を守るのに右も左もない」 09/06/18 PM11
急速に高齢化する中国 「日本を守るのに右も左もない」 09/06/18 PM10
るいネットBRICs関連投稿集 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/06/16 PM10
208705 これ以上世界は豊かになれない〜更なる環境に負担をかける経済の発展は事実上不可能 猛獣王S 09/06/13 AM10
208318 インド人は欧米支配と戦おうとして日本に期待した 猪飼野 09/06/07 AM00
208247 資源・食糧へ向かう米欧中の余剰資金 山澤貴志 09/06/06 AM03
中国、インド、ブラジルは、本当に経済成長し続けられるのか? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/06/05 PM09
208207 中国は経済大国になれない−1 09/06/05 PM08
208191 日本国籍もカードとなりうる 狒狒 09/06/05 PM03
208107 警告 世界各地で生産財没収・剥奪の動きが強まっています。中国からは放火してでも撤退を 川井孝浩 09/06/04 AM09
208046 将来の地球 佐藤英幸 09/06/03 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp