アメリカ→官邸→マスコミによる支配
223111 米国CIAは日本のマスコミをどのように支配しているか(1)
 
SE_Hacker ( 40+ ) 09/12/31 AM02 【印刷用へ
新・ベンチャー革命〜見事に統制された悪徳マスコミを仕切るのは何者かリンクより引用。
-----------------------------------------------------------------
1.ひどくなる一方の大手マスコミの反・国民性

 昨今、ネット世界で話題になっているのは大手マスコミ(新聞・テレビ・週刊誌・月刊誌)のあまりの異常さです。筆者もそれを痛感します。2009年9月の政権交代以降、その異常さがひどくなる一方です。最近では、誇張どころかウソに近い記事や報道もみられるようになり、それがばれても反省も陳謝もありません。さらに、国民選挙で正々堂々と政権を獲った正統民主党の首脳の鳩山首相と小沢幹事長の政治資金をめぐる疑惑記事を執拗に報道する一方、藤崎駐米大使のヤラセ大芝居(注1)に関して、うんともすんともありません。大手マスコミは一般国民からおカネをとって成り立っているという根本をスッカリ忘れています。いずれ天罰がくだるでしょうが、それまで待っていられません。

 われわれから一方的に受信料を取り立てて成り立つNHK(民放より国民サイドに立つべき)ですら、藤崎大使がクリントン国務長官から呼び出しを受けて普天間基地移設問題で日米合意を守るよう釘を刺されたというニュースを流しておきながら、それが同大使のヤラセだった疑いが濃厚になっているのに、そのニュースはまったく流さないわけです。いったいどうなっているんだ!大手マスコミは・・・。ネット愛好者はみな同じ気持ちです。しかし全国レベルでみれば、圧倒的多数の国民は大手マスコミのニュースを主な情報源にしていますから、大手マスコミの流す情報が間違っていたら誤解したままとなります。こんな現状は民主主義国家として到底、許されるものではありません。

2.ネットの関心は大手マスコミの異常さをもたらす原因追及にあり

 大手マスコミのあまりのひどさに、ネット世界の関心は、なぜ、日本の大手マスコミはこれほど劣化したのか、という疑問に集中しています。植草一秀氏の命名した“悪徳ペンタゴン”の5者に大手マスコミが入っていますが、今や、悪徳ペンタゴンというような抽象的な呼び方では済まなくなっています。NHKを含む大手マスコミが“反・小沢、反鳩山”であまりに見事に統制されている現実に、大手マスコミを操る黒幕がいるにちがいない、いったい誰が黒幕なのかという疑念がネットで大きく膨らみ始めています。

3.戦争屋=CIAが黒幕か

 筆者は、本ブログで一貫して、戦後日本を情報操作している黒幕は、戦争屋=CIA(軍産複合体系米国覇権主義者)のジャパンハンドラーと見立てて来ました。その根拠のひとつは、小泉政権時代、郵政民営化に関して、当時の米国ジャパンハンドラーであったロバート・ゼーリック(現・世銀総裁)が竹中経済財政担当大臣にさまざまな指示を出していたことが、国会でも取り上げられ、すでに証拠が挙がっているという事実です。案の定、日米でこういうことが行われているのだと納得しました。この事実から、戦後の日本政治に、米国のジャパンハンドラーが暗躍しているのは確かです。したがって、大手マスコミの統制にも米国ジャパンハンドラーが暗躍する可能性は高いといえます。

3.米国による日本の大手マスコミ監視はどの程度なのか

 そこで、現実に戦争屋=CIAが具体的にどのように情報操作しているのかを探ってみます。

 2009年3月8日、テレビ朝日のサンデープロジェクトに田中真紀子氏が出演、父角栄氏の失脚にCIAが関与していることをほのめかしました。そのとき司会の田原氏が思わず“ユダヤの仕業か!”と口走ってしまったことがありました。そしたら、早速、ユダヤ人権擁護団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(SWC)から抗議がきたのです。この事実から、日本の大手マスコミは常時、米国の監視機関から監視(サベイランス)を受けていることが判明しました。

 ところで、戦争屋専属の諜報機関CIAは“Foreign Broadcast Information Service”(FBIS)(注2)という部署を有し、世界中のマスコミ報道を監視しているようです。日本の場合、FBISの支部が在日米軍基地(横田か座間)にあるといわれています。この機能は、元々、米国の国益に反する報道がなされていないかどうかを監視するためのものですが、FBISの存在は世界に向けて公となっています。

 もうひとつ、米陸軍は500th MI(Military Intelligence)という組織をもっているようです(注3)。この組織は陸軍の諜報活動部隊であり、座間基地や六本木の米軍施設(米大使館に近接)などで日本人を雇って日本の情報収集と翻訳や分析を行っているようです。

 上記のように、米国が日本のマスコミ監視や情報収集しているのは事実ですが、日本に特化しているわけではなく、米国の世界規模の諜報活動の一環だと思われます。

 以上より戦争屋=CIAが日本でマスコミを監視したり、情報収集しているのはわかりましたが、大手マスコミを直接にコントロールしているのかどうかは、依然不透明(グレー)です。
-----------------------------------------------------------------
引用以上
 
  List
  この記事は 222383 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_223111
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297216 Times紙が取り上げた日本政府がNHKに圧力をかけている証拠が公開される!通称「オレンジブック」 惻隠之心 14/10/29 PM10
246155 日本政府が2008年に「諜報機関」を設立していた!? 猛獣王S 11/02/22 PM11
223424 国税局員の実感〜企業もアメリカを見切り始めた〜 匿名希望 10/01/04 PM08
223155 仮説:米国戦争屋ジャパンハンドラーの正体(新ベンチャー革命) ・・・ 【その3】親・戦争屋の恫喝は続くが、杜撰さも目立つ⇒我々の役割はここにある! 火中の栗 09/12/31 PM08
223154 仮説:米国戦争屋ジャパンハンドラーの正体(新ベンチャー革命) ・・・ 【その2】親・戦争屋勢力は弱体化⇒デビッド自身が指揮を執らざるを得ない 火中の栗 09/12/31 PM08
223153 仮説:米国戦争屋ジャパンハンドラーの正体(新ベンチャー革命) ・・・ 【その1】日本のマスコミ 火中の栗 09/12/31 PM08
223117 米国CIAは日本のマスコミをどのように支配しているか(2) SE_Hacker 09/12/31 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp