トップページへ  
テキスト:新しい潮流と新理論の必要
※タイトルをクリックすれば、本文が掲示されます。

テキスト1. これから生き残る企業に求められる能力は?
テキスト2. 私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
テキスト3. 市場の縮小と根源回帰の大潮流
テキスト4. 共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
テキスト5. 自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
テキスト6. 同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
テキスト7. 情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
テキスト8. 大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
テキスト9. 新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
テキスト10. 新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
テキスト11. 学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
テキスト12. 理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)