トップページへ  
テキスト:市場論・国家論
※タイトルをクリックすれば、本文が掲示されます。

テキスト1. '70年〜現在:市場の拡大停止期
テキスト2. 敗戦〜'70年:高度成長期
テキスト3. 第1次・2次世界大戦の背景⇒近代とは制覇力が武力から資力に移行した時代。
それゆえに植民地を奪い合う侵略戦争の圧力が充満していた時代
テキスト4. 金貸しの誕生と十字軍の遠征
テキスト5. 金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ
テキスト6. 西欧「契約」社会の精神構造
テキスト7. 大航海時代(ポルトガル→スペイン→オランダ→イギリス)
テキスト8. 宗教改革とイエズス会
テキスト9. オランダ→イギリス 産業資本の興隆と産業革命
テキスト10. 1600〜1900(欧州大陸編) 武力支配から資力支配へ
テキスト11. 1600〜1900(欧米海洋編)近代市場の拡大
テキスト12. 20世紀 アメリカの世界覇権
テキスト13. 1次・2次世界大戦(欧州編)〜1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略
テキスト14. 戦後の東西冷戦を作り出したロックフェラーの世界主義と共産主義
テキスト15. 21世紀の世界
テキスト16. 奥の院は90年代に共産革命から民族革命へと戦略転換
テキスト17. 基礎保障制度(ベーシック・インカム)の実現
テキスト18. 太平洋戦争の謎 日本は敗けると分かっている日米開戦になぜ踏み切ったのか?
テキスト19. 明治維新と日本の闇勢力