トップページへ  
実現論 序:共同体社会の実現に向けて
(第二稿・2011年8月)
※タイトルをクリックすれば、本文が掲示されます。
※[塗り重ね板]をクリックすれば、本文を支える秀作投稿が掲示されます。

序1. 近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機 [塗り重ね板]
序2. 私権時代から共認時代への大転換 [塗り重ね板]
序3. 市民運動という騙し。民主主義という騙し。 [塗り重ね板]
序4. 統合階級の暴走で失われた40年 [塗り重ね板]
序5. 破局後の経済は?その時、秩序は維持できるのか? [塗り重ね板]
序6. 新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク [塗り重ね板]
序7. 企業を共同体化し、統合機関を交代担当制にする [塗り重ね板]
序8. 新理論の構築をどう進めてゆくか [塗り重ね板]
実現論 序・旧版
(第一稿・1995年8月)
     ※タイトルをクリックすれば、本文が掲示されます。

イ. 徹底した現実直視と事実の共認
ロ. 肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止
ハ. 人類はどこで道を誤ったのか?
ニ. 起点は、私婚⇒私権の共認と私権闘争
ホ. 私権闘争の終焉から本源集団の再生へ
ヘ. 集団を超えた社会をどう統合し直すか?
ト. 万人が半専任(副業)として参画する