トップページへ
政治・経済
 
事件史探求
【事件史】戦後日本の事件・事故を年代別にまとめたもの
戦後昭和史
【事件史】戦後昭和の事件、事故、流行をまとめたもの
戦後政治史ふぁん倶楽部
【事件史】戦後政治の政治史、政党系譜図、自民党派閥系譜図など
内閣総理大臣ならびに閣僚一覧
【内閣】日本の歴代内閣総理大臣と閣僚の一覧
歴代政府・内閣に関するデータベース
【内閣】明治以降の歴代政府・内閣の閣僚名簿、事績など
日本史資料/Kei's Cafe
【政党】戦前・戦後の政党変遷の図解など
自民党派閥の系譜図/戦後政治史ファンクラブ
【政党】自民党内派閥の系統が一目で分かる
戦前政党変遷図
【政党】明治〜戦前にかけての政党変遷が一目で分かる
新左翼集団の系統図
【政党】新左翼集団の系譜を図解したもの
選挙・政治資金/総務省
【選挙】近年の選挙制度改革の概要、平成8年以降の国政選挙の結果、政治資金規正法、政党助成法など、選挙に関する様々な情報が手に入る
政治家・政策データベース
【選挙】現職国会議員のプロフィールと政策意見
ザ・選挙
【選挙】現在どこで選挙があり、誰が立候補したかまで分かる
選挙情報館 データバンク/選挙サイトElection
【選挙】2000年以降の衆議院、参議院に関わる選挙の結果を見ることができる
衆議院議員選挙制度の変遷
【選挙】衆議院の選挙制度改革の変遷と、解散総選挙が時系列でまとめられている
衆参両院投票率推移
【選挙】明治以降の投票率と選挙の特徴
都道府県基礎データ/全国知事会HP
【行政】各県の、人口/福祉・医療/産業・経済/生活環境/教育・文化/交通・通信/財政/所在地が一覧化されている
データベース「世界と日本」
【国際】戦後日本政治・国際関係データベース
国際政治・アメリカ研究
【国際】アメリカの政治制度を学べるリンク集
アメリカ軍事介入の1世紀
【国際】1890年から1999年までのアメリカの軍事介入の一覧
アメリカ合衆国の戦争の歴史
【国際】アメリカ発の戦争を時系列で並べている
ラテンアメリカの政治
【国際】ラテンアメリカの各国年表、各国の革命史
100年後の歴史小説
【その他】歴代内閣総理大臣・閣僚・日銀総裁一覧等をまとめたもの
社会意識に関する世論調査 平成18年
【その他】内閣府大臣官房政府広報室による社会、国、社会の在り方等に関する意識についてのアンケート結果。
SSDJA/東京大学社会科学研究所
【その他】統計調査、社会調査の結果を集積している。キーワードを入れるだけで、寄託された調査結果やアンケート結果の中から瞬時に検索できる。
 
経済指標指数グラフ
【各国比較】1972年=100とした各経済指標の指数グラフ。 主要国株価、為替、NY原油、ロンドン金、国内金、地価、 公定歩合、経済成長率、消費者物価指数を掲載。 社会情勢年表と合わせて、国際経済の分析にお使いください。印刷できます。作成:類グループ
株価指数国際比較グラフ
【各国比較】1965〜1984の20年間平均=100とした、株価の国際比較グラフ。 日本、韓国、香港、シンガポール、アメリカ、イギリス、ドイツ の7カ国を掲載。 バブルの動きなどが、一目瞭然!作成:類グループ
外務省 主要経済指標(日本及び海外)
【各国比較】各国のGDP・経済見通し、景気指標、財政・金融指標、国際収支指標、投資、為替・株をPDFデータで一覧化
総務省・統計局 世界の統計 諸外国の主要指標
【各国比較】世界各国の人口・GDP・失業率を一覧化
中嶋経営科学研究所 世界GDPランキング・世界貿易ランキング
【各国比較】世界GDPランキング・世界貿易ランキングデータ
NIKKEI NET 世界の指標
【各国比較】日本を含めた世界の今日一日の経済情報が一覧できる。
OECD Economic Outlook
【各国比較】OECD加盟諸国のGDP、人口、失業率などの経済データが一覧できる。
日経ネット:景気ウォッチ(米国経済指標)
【アメリカ】米国のGDP、雇用統計、卸売物価、消費者物価の90年以降の推移についての日経の最新記事が転載されている
グラフが語る日米比較
【アメリカ】内閣府のHPの一部 '80年からの日米の経済動
(財)国際貿易投資研究所 マクロ経済統計
【アメリカ】各国の対米ドル為替レート、世界各国(トップ60)の名目GDP・人口・消費者物価変化率を掲載
米国経済指標
【アメリカ】米国の景気・物価・金融・消費・株式・貿易等のデータのグラフ
哲野イサクの地方見聞録
【アメリカ】アメリカ経済に関する情報が、グラフ・表として分かりやすくまとまっている。
米国債金利
【アメリカ】米国債金利の日々の変動が分かる。
米国債海外引受
【アメリカ】米国債を購入している国とその保有量が分かる。
米国債発行残高
【アメリカ】米国債の発行残高が月次で公開されている。
米国債建玉
【アメリカ】先物市場における米国債の買玉・売玉の推移。
FRBバランスシート
【アメリカ】FRBのバランスシートの変動を毎週公表している。
CUMBERLAND ADVISORS
【アメリカ】投資家向けのサイトだが、各国の中央銀行の資産の推移がグラフ化されていて分かりやすい。
外務省HP日欧経済 
【EU】特にこの中の「何でもわかる欧州経済と日欧経済関係」 UEU経済の現状はEU関連経済データがまとまっている。
日中経済協会 中国経済データ
【中国】中国、日中の主要経済指標・日中貿易の推移・日本の対中直接投資の推移・世界の対中直接投資の推移・為替レート
外務省 ロシア経済データ
【ロシア】外務省 ロシア経済データ
農林水産省 世界各国農林水産物の主要統計
【その他】1)FAO(国際連合食糧農業機関)がそのホームページ上で提供している農林水産統計等についてのデータベースから人口、土地、生産及び貿易に関する統計を主要な国及び品目別に掲載 2)財務省「貿易統計」より、我が国と貿易相手国との2国間の貿易統計及び品目別貿易のデータを掲載
日本銀行 時系列データ(金融市況)
【その他】短期金融市場金利、債権利回等、外国為替市場、預金金利、貸出金利の詳細データをCSVファイルで得られる。
ドットコモディティ
【その他】主要な先物取引の元データが簡単にダウンロードできる
ぱらっとチャート
【その他】日経平均、NYダウ、為替、金、原油などの時系列データをチャート化
Oval Next CFTC建玉明細
【その他】金・原油の先物取引の推移。
 
内閣府「国民経済計算(SNA)」
【GDP】GDPをはじめとする、マクロ経済統計
暦年連鎖価格GDP需要項目別時系列表
【GDP】内閣府のHP GDPやGDPデフレータの時系列一覧
消費動向調査
【消費】主要耐久消費財の普及率の変遷
年別ヒット商品/話題商品
【消費】上田流通問題研究室による、1961〜2004年までの年別ヒット商品・話題商品、流行語等の年表
NipponStyle JKヴィジュアルアーカイブ
【消費】江戸から現代まで日本人と世界の人々の生活を変えた”メイド・イン・ジャパン”の逸品を紹介
消費者物価指数の推移/なるほどデータforきっず
【消費】1975年から2003年までの約30年間の主品目の物価の動き
日本の統計(第19章家計)
【家計】1980年以降の消費支出の内訳推移等のデータ集
日本の長期統計系列(第20章家計)
【家計】1946年以降の消費支出の内訳推移データ、1959年以降の貯蓄・負債の推移データなど、家計全般にわたる長期統計群
H16年全国消費実態調査(平均消費性向,黒字率状況)
【家計】1959年以降の家計の平均消費性向と黒字率の推移データ
総務省「家計調査(家計収支編)」
【家計】家計における収支状況。2000年〜最新月までの時系列データあり。
株太郎〜世界の株価〜
【株価】世界の主要株価を時系列で取り出せる。日付設定画面は英語だが、年月日を入力するだけなので簡単。
内閣府「景気統計」
【景気】景気動向指標、及びその判断根拠の機械受注統計調査、法人企業景気予測調査、法人企業動向調査、消費動向調査データ
産業データプラザ
【景気】各産業別の売上高や構成比がグラフで見ることができる
経済産業省「鉱工業指数」
【景気】鉱工業生産・出荷・在庫指数、稼働率・生産能力指数、製造工業生産予測指数などの鉱工業指数の推移。
経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」
【景気】特定のサービス産業の売上高等の経営動向、短期的な景気、雇用動向等。
NIKKEI NET「景気ウォッチ」
【景気】GDP・景気動向指数・貿易などの国内景気に関するデータや、アメリカの主要経済指標が掲載されている。
infoseekマネー:外為
【為替】為替レート、テクニカルチャートから通貨比較チャート、また時系列データ(1990年〜)まであり。
外為ポータルサイトFoorex
【為替】為替リンク集が必見。ブログも含めた1005サイトを簡単な紹介文とともに登録している。元データがほしければ、そのうちの「マーケット」-「データ」部分を見れば、かなり網羅できる。
対外の賃借と国際収支/財務省
【国際】日本の国際収支状況の速報値や地域別の国際収支状況などが分かる
アセアン統計集/日本アセアンセンター
【国際】ASEANと日本・中国の関係についての基礎データが充実している
(財)日本不動産研究所
【その他】市街地価格指数、田畑・山林価格指数、全国賃料統計など地価に係わるデータがPDFファイルで公表されている。
グラフで読み解く論点/日本の論点PLUS
【その他】経済データなどから日本の状況を分析。動画と簡単な解説が付いていて見やすい。
平成18年版 労働経済の分析/厚生労働省
【その他】労働経済の推移と特徴、就業形態の多様化とその背景、などについての基礎データが豊富。