title 詳しくはこちら

追求するとは、対象に同化することである。例えば、言語の進化過程を解明しようとすれば、とことん原始人類に同化する必要があるし、人々がどこに向かっているのかを掴もうとすれば、とことん人々に同化する必要があるし、目の前の相手が何を期待しているのかを掴もうとすれば、とことん相手に同化する必要がある。その際、潜在思念(本能や共認機能や観念原回路)を動員しなければ、対象に同化することは決して出来ない。追求の成果は、どこまで対象に同化できたかにかかっている。 そのような追求脳を再生するためには、試験脳(理解脳=暗記脳)から脱却する必要がある。そのための具体的な手法が、『3分間、観念停止』である。