メルマガ・るいのご案内へ


【バックナンバー】
NO.183〜
NO.182
NO.181
NO.180
NO.179
NO.178
NO.177
NO.176
NO.175
NO.174
NO.173
NO.172
NO.171
NO.170
NO.169
NO.168
NO.167
NO.166
NO.165
NO.164
NO.163
NO.162
NO.161
NO.160
NO.159
NO.158
NO.157
NO.156
NO.155
NO.154
NO.153
NO.152
NO.151
NO.150
NO.149
NO.148
NO.147
NO.146
NO.145
NO.144
NO.143
NO.142
NO.141
NO.140
NO.139
NO.138
NO.137
NO.136
NO.135
NO.134
NO.133
NO.132
NO.131
NO.130
NO.129
NO.128
NO.127
NO.126
NO.125
NO.124
NO.123
NO.122
NO.121
NO.120
NO.119
NO.118
NO.117
NO.116
NO.115
NO.114
NO.113
NO.112
NO.111
NO.110
NO.109
NO.108
NO.107
NO.106
NO.105
NO.104
NO.103
NO.102
NO.101
NO.100
NO.99〜
				
  るいネットメールマガジン【 る い 】NO.137[2005.5.17]

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

        メルマガ 【 る い 】  NO.137 [2005.5.17]
            http://www.rui.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  上記のアドレスからるいネットにアクセスしていただきますと、自動的に
 ログインできます。(一部のパソコンでは、使えない場合もあります)
─┬─────────────────────────────────
1  今週の注目投稿
─┴─────────────────────────────────
★ 社会統合お題より、「マスコミによる共認支配の怖さ」についての
  議論をご紹介します。
======================================================================  
◇ 共認形成の場が独占されることが生んだ悲劇 
         【阪本剛 (31 千葉 SE) 05/05/17 AM01】  
 
  >JR福知山線の事故からJR西日本が糾弾されつづけていますが、
  その報道のされ方が余りにも、悪者=JR西日本という図式一色
  に塗りつぶされているようです。
 (参照 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=90617 ) 

  ■なぜ情報は事前に出てこないのか?
  2005年4月25日に起こった脱線事故で、100名を超え
  る乗客が亡くなり、死傷者は600人を越えた。
  マスコミは、連日、(行き過ぎだと批判されるほどの)強いバッ
  シングを続けているが、その資格はあるのだろうか?

  マスコミには、リークも含めた様々な情報が集まってくる。そ
  の中には、JR西日本の社内事情や、事故の兆候となりうるよ
    うな問題事象・報告があったはずだ。実際、事故直後から、か
  なり詳しく過去の情報の報道が始まっている。
  事故が起きる前に、マスコミには、事前情報に基づいた問題提
  起ができたはずだし、機会はいくらでもあったはずだ。が、そ
  うしなかったのはなぜだろうか?

  ■マスコミと鉄道会社の関係
  一つの大きな理由は、マスコミと鉄道会社の関係にある。マス
  コミは、自らの商品(雑誌、新聞、テレビ番組)の広告媒体、
  小売先として鉄道会社に大きく依存している。
  車内の中吊り広告は、費用対効果の高い広告媒体だ。また、駅
  のキオスクは週刊誌、新聞の大きな販売ルートである。

  もし、マスコミが鉄道会社の批判記事を書けたらどうなるか?
  報復として、鉄道会社側は、キオスクから批判記事を書いた出
  版社の商品を引き上げるだろう。例えば、1994年に週刊文
  春がJR東日本を批判した際、JRは週刊文春をキオスクから
  引き上げ、損害賠償を求めて訴えた。結局、文春側は謝罪、和
  解金を払うことになった。マスコミ側の敗北である。
    (参照 http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=269 )

  つまり、マスコミは自分の利益を守る為に、批判することがで
  きないでいる。
  その(滅多に訪れない稀な)例外が、今回の事故だった。

  ■共認形成の場が独占されることの生んだ悲劇
  今回のような鉄道会社側の落ち度による大惨事、大事件が起こ
  ったとき、待っていたとばかりに、大キャンペーンを張り、こ
  れまで出せなかった情報がどっと出てきたのは、そのようなマ
  スコミ自体の事情があったからだ。共認形成の手段を握る二つ
  の勢力のいがみあい、という事情である。

  このようなことは、別に鉄道会社に限ったことではない。
  マスコミは、広告費をもらっている企業=スポンサーに都合の
  悪い情報は基本的に出さない。広告費=自分の利益を失いたく
  ないからだ。
  重要な情報が出てくるのは、いつも事件・事故が起こった後、
  被害者が出てきた後になる。スポンサーからは、普段は貰える
  ものは貰えるだけもらっておいて、後からバッシングするわけだ。

  しかし、これは異常な事態ではないか?

  本来、共認形成の場は庶民みんなのものだ。その中で私利私欲
  に関わるからといって、事実が明らかにできないのでは、庶民
  は常に被害に受けるばかりだ。ましてや社会を統合することな
  どできない。
  共認形成の場が独占されている限り、今回のような悲惨な事故
  は何度でも繰り返される。そのことこそ、総括されるべき中身
  だったのではないだろうか?
  
   全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=90903
  ---------------------------------------------------------------
◇ 2,3日のマスコミ観察日記 
       【佐藤英幸 (42 新潟 塾長)05/02/09 PM10】  
 
  1・某新聞紙上で財形の専門家はこう語る。
  「これからは国も行政も力を失う、年金も福祉も公共サービス
  も今後は確実に低下して行くだろう。市場は縮小し企業活動は
  減衰していくだろう。」

  「だから自分の財産は自分で守らなければいけない。それが右
  肩上がりではない成熟した社会であり欧米諸国では日本に先行
  して真剣に個人個人が財形に取り組んでいる。(続きは全略)」

  この専門家はおそらく現実を良く見ていない。しかも自前の理
  論ではなく学者の理論を自分たちの都合の良いように商用にア
  レンジしたのだろう。なぜなら自分(たち)で考えたならば、
  そのような傍観者的なコメントはしないからだ。

  本来なら、国も行政も力を失うのはなんでだろう。それは国民
  に活力が無いからではないのか。国民が活力を失うのはなんで
  だろう。(決して私益=活力ではなく)それは今一番必要な仲
  間活力が無いからではないのか。とすれば財形とは個人の財形
  ではなくみんなが参加できるみんなの社会の財形なのではないか?

  また財形の根拠になっている老後の心配だが、自殺原因を探っ
  ているサイトがあったので引用した。
 
  >そもそも、経済問題ををすぐに自殺に結びつける報道には問
  題がある。というのは、日本以外で、そのような傾向が指摘さ
  れたことがないからである。極く自然に考えれば、日本社会の
  「ゆがみ」に由来するのであり、経済問題ではない。
 (参照 http://www.randdmanagement.com/c_bunka/bu_019.htm )
    つまり(個人的な)財形をしても自殺は減少しないと言うこと
  である。

  2.「自殺は月曜日が多い?」 By 学者
  曜日別に自殺の人数を統計した学者がいた。テレビ報道された。
  その学者はこう述べた。
 「自殺が多いのは月曜日だから日曜日の過ごし方が大事なのです。
  日曜日は好きなことをしてリラックスするのが一番です。」

  生産課題に取り組んだり、社会課題に取り組んだりして、いい
  汗流して疲れた人は日曜日の過ごし方が悪いからと言って自殺
  などしない。逆に日曜日にリラックスしたぐらいで自殺が減っ
  ているならとっくに解決済みのはずである。以前は週休1日、
  今は週休2日なのだから。

  もし月曜日に自殺が多いと言うことが事実ならば日曜日に何か
  が起きていると考えるのが自然ではないだろうか。言い換えれ
  ば家庭の外と家庭の中でのベクトルの和が自殺に向かって伸び
  ていると言うことではないだろうか。なぜ生産と生殖の分断に
  気がつかないのだろう。
  とにかく癒しの問題ではないと言うことではないだろうか。

  この2,3日だけを観察しても、マスコミ・マスメディアから
  得られた誤った情報は枚挙に暇が無い。逆に誤った情報のサン
  プルを得たければテレビや新聞を観察するのがベストである。
  そして彼らの情報源は大抵「学者・官僚・政治家・マスコミ」
  なのである。  

  全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=85426
  ---------------------------------------------------------------
◇ 素人の社会活動11 マスコミの共認支配 
      【岡田淳三郎 (60代 大阪 経営) 01/07/19 PM04】  
 
  A.村落共同体(深く広範な共認充足)を失った大衆の解脱欠
    乏⇔テレビ(前身は、新聞・映画)
  ●マスコミは、バラバラに分解された大衆の解脱共認欠乏を土
  壌にして成長してきたが、同時にマスコミの成長はますます大
  衆を解脱個体化させ、更にはこの解脱箱なしには生きてゆけな
  いブロイラーの如き存在にさせた。

  ●マスコミは、解脱情報を武器にして、大衆を支配観念一色に
  染脳し続けてきた。それは単にニュース解説etcによってではな
  い。娯楽作品そのものの中に支配観念が様々な形で美化されor
  正当化されて発信されることによって、大衆は染脳され続けて
  きた。
  ☆しかし、今や支配観念と娯楽作品は、新しい価値を生み出す
  力を、全的に喪失した。

  ●しかし、マスコミが一方通行(統合階級の染脳機関)という
  形であれ、バラバラに分解された解脱個体を収束させた全く新
  しい社会的な共認形成の場(正しくは共認支配の場)を作り上
  げた事は、注目すべきである。

  注:そこでは、素人は与えられた番組や芸能人に対する受動的
  な評価主体としてしか、存在していない。(もちろん、何がし
  かの繋がり充足や癒し充足や発散充足を得ているが、それら全
  ては与えられたものでしかない。)
  
  全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=6324
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※【 】内は投稿者名・プロフィール・投稿日時です。
※投稿は一部要約しています。
※配信アドレスの変更、配信中止は、以下のページにて可能です。
 http://www.rui.jp/mm/mm_annai.html
※お問い合わせは「るいネット編集部」ruinet@rui.ne.jp まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇るいネット⇒ http://www.rui.jp 				
				
このページのトップへ