メルマガ・るいのご案内へ


【バックナンバー】
NO.183〜
NO.182
NO.181
NO.180
NO.179
NO.178
NO.177
NO.176
NO.175
NO.174
NO.173
NO.172
NO.171
NO.170
NO.169
NO.168
NO.167
NO.166
NO.165
NO.164
NO.163
NO.162
NO.161
NO.160
NO.159
NO.158
NO.157
NO.156
NO.155
NO.154
NO.153
NO.152
NO.151
NO.150
NO.149
NO.148
NO.147
NO.146
NO.145
NO.144
NO.143
NO.142
NO.141
NO.140
NO.139
NO.138
NO.137
NO.136
NO.135
NO.134
NO.133
NO.132
NO.131
NO.130
NO.129
NO.128
NO.127
NO.126
NO.125
NO.124
NO.123
NO.122
NO.121
NO.120
NO.119
NO.118
NO.117
NO.116
NO.115
NO.114
NO.113
NO.112
NO.111
NO.110
NO.109
NO.108
NO.107
NO.106
NO.105
NO.104
NO.103
NO.102
NO.101
NO.100
NO.99〜
				
  るいネットメールマガジン【 る い 】NO.121[2004.12.21]

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

        メルマガ 【 る い 】  NO.121 [2004.12.21]
            http://www.rui.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  上記のアドレスからるいネットにアクセスしていただきますと、自動的に
 ログインできます。(一部のパソコンでは、使えない場合もあります)
─┬─────────────────────────────────
1  今週の注目投稿
─┴─────────────────────────────────
★社会統合板お題より、「感謝と謝罪のトレーニング」についての
 議論をご紹介します。
======================================================================  
◇ 観念と実感をつなぐトレーニング 
       【綾木順子( 26 鳥取 OL ) 04/12/18 PM08】  
 
  今日は、なんでやサロンで、露店主3人と先輩お手伝いさん1人と
  話していた流れで、私の精神分析をしてもらうことになりました。

    ************************
  私は親の影響で、親和充足はあるけど、「〜しちゃだめ」などの
  ように観念先行で育てられたので、(私権)規範観念が強くなっ
  て、それによって実感が押さえらえてきた。全ての行動指針を規
  範観念に照らし合わせて判断して生きてきたから、実感と観念が
  つながっていない。規範が実感に蓋をしているという構造。

  こんな人については、どういうトレーニングが有効なのか?と、
  その場にいる人たちが、一生懸命考えてくれました。あれこれ議
  論した結果、幼少期(実感と観念がつながっていた頃)の充足記
  憶を呼び起こすことが有効なんじゃないか、という方法を提示し
  てくれました。

  例えば…、ということで実践してみました。

  ・「小学生の頃、友達にプレゼントをあげたことがある?」―ある
  ・「何をあげた?」―複数いて思い出せない。コップとか文房具かな。
  ・「それをあげた時、友達は喜んだ?」――喜んでたはず。
  ・「どのくらい?」――思い出せない・・・。
  ・「自分は、何をもらってどのくらい嬉しかった?」―思い出せない。

  ガーン。びっくりするくらい覚えてない!(驚くべきことに、先
  輩達は幼い頃のプレゼントのやりとりとか今も覚えているらしい)
  そんな私だけど、みなさん辛抱強くつきあってくれました。

  最後の最後に思い出せたことは「20才ぐらいの時、仲良かった友
  達に再会したら、小さいころにあげたプレゼントをまだ持ってい
  てくれたこと」。これを思い出したとき、不意にじわ〜っと来ま
  した。

  このトレーニングは一人でするより複数の人でやったほうが、共
  認回路が共鳴するので有効です。今日も、周りの人が自分の発言
  を汲み取ってイメージしてくれているのを感じてすごくうれしか
  った。うれしそうな先輩達をみて私も更にじーーーんときて、そ
  んな私をみて先輩達もうれしそうだった。
  露店でやってもらうのもいいね、とアドバイスもらいました。
    ***********************

  大切なのは、イメージ。
  過去、自分がどういう行動をしたら、友達や周りの人がどういう
  反応を示したとか、そういう実感の伴った期待・応合関係を一つ
  一つ思い出していくこと。今まで無意識的に規範で捉えてきたこ
  とを、意識的に「みんな期待」を判断軸に行動指針を立てられる
  よう、一つ一つ塗り替えていくことが大切。
  ※そのトレーニングと並行して、周りの期待をより的確にキャッ
  チできる(イメージできる)ようになるためには、構造認識の勉
  強が確実に必要。

  今日、一緒に「どうしたら観念と実感が結びつくか」の方法を考
  えてくれたみなさんが、終始すごくありがたかった。
  本当にありがとうございました。  
 
  全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&m=82777

  ---------------------------------------------------------------
◇  謝罪と感謝のトレーニングをするとき 
     【藤田小百合( 23 大阪 会社員 )04/12/04 PM04】  
 
   7月に感謝と謝罪を始めてから数ヶ月が経ちました。
   以前は、毎日寝る前に「今日もしよ!」と決めてしていました。
   今はどうかというと、毎日ではなく、している期間としていない
   期間があります。している期間も、以前とは少し違って「自然」
   にしているのです。そしてそれは、私にとって特に謝罪と感謝
   のトレーニングが必要なときなんだと思います。

   たとえば最近の例だと、外圧=内圧になっていないとき。
   つまり外圧が活力源になっていないとき(新しい仕事、役割期待
   など(=外圧)を受けたにもかかわらず、課題をきちんと対象化
   できなくてまっすぐ向えなくなっていたとき。)。
   また、自己否定ループに嵌ったとき(こんなに期待してくれて
   るのに応えられない自分は最悪だ、ってなっておなかを壊した)
   などです。

   ここにあるのは、否定視。これではうまくいかない。
   だから自然に感謝のトレーニングしたのかな。
   ということは"必要なときに感謝と謝罪のトレーニングをした"
   というのも、不全から脱出するための可能性収束の一つなのかな。

   では、していない期間はどうなのかというと、周りのみんなとの
   期待・応合の充足がすごく実感できて、毎日が活力にあふれてい
   るとき。つまり、日常の中で自然と充たしあえているとき。お互
   いの感謝の感覚がひしひしと感じられる。ここにあるのは肯定視。

   感謝のトレーニングは1ヶ月2ヶ月したら終わりじゃない。
   一度や二度効果あった!で終わりじゃない。
   コツコツ積み上げて、感謝と謝罪が充足可能性先なんだと実感で
   きたら、そこで本当の意味で初めてトレーニングとなりえる、と
   思いました。  
   
   全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&m=82064
  
  ---------------------------------------------------------------
◇  観念機能の再生は100%肯定視から? 
      【中瀬由貴( 22 神奈川 会社員 )04/07/18 PM05】  
 
  「謝罪・感謝」っていうと自分の身の回りの人がパッと思い浮かぶ。
   今までごめんね…と同時に、ありがとう。
   もっともっと応えたいって思う。涙が出る。
   その一方で、「根本規範」を意識して謝罪・感謝してみる。
   これは身の回りの人に謝罪・感謝するのとはちょっと違う感じ。

   >人類500万年の歴史なんだと知るとみんなを越えて何か壮大なも
   のに包まれてる感じで幸せ。
   (参照 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&m=75075) 

   まさにこんな感じ。全てを受け入れられる。無の境地。自分はなく
   て、ただただみんながいる。100%肯定視。
   本当に有難たっくて、ほんわか笑顔になる。

   この「根本規範」を意識して謝罪や感謝は

   >極限状況の中で、人類は直面する現実対象=自分たちを遥かに
   超えた超越存在たる自然を畏れ敬い、現実対象=自然に対して自
   分たちの生存(=危機からの脱出)への期待を込め、自然が応望
   してくれる事を切実に願った。
   (参照 http://www.rui.jp/jitugenron/jitugen_1_6.php3#03 )

   って事と一緒なのかも。そして、

   >人類が万物の背後に見たこの精霊こそ、人類最初の観念であり、
   人類固有の観念機能の原点である。
   
   ならば、みんなを100%肯定するところから観念機能は再生されて
   いくのかなって思いました。  
  
   全文 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&m=75157
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※【 】内は投稿者名・プロフィール・投稿日時です。
※投稿は一部要約しています。
※配信アドレスの変更、配信中止は、以下のページにて可能です。
 http://www.rui.jp/mm/mm_annai.html
※お問い合わせは「るいネット編集部」ruinet@rui.ne.jp まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇るいネット⇒ http://www.rui.jp 				
				
このページのトップへ