メルマガ・るいのご案内へ


【バックナンバー】
NO.183〜
NO.182
NO.181
NO.180
NO.179
NO.178
NO.177
NO.176
NO.175
NO.174
NO.173
NO.172
NO.171
NO.170
NO.169
NO.168
NO.167
NO.166
NO.165
NO.164
NO.163
NO.162
NO.161
NO.160
NO.159
NO.158
NO.157
NO.156
NO.155
NO.154
NO.153
NO.152
NO.151
NO.150
NO.149
NO.148
NO.147
NO.146
NO.145
NO.144
NO.143
NO.142
NO.141
NO.140
NO.139
NO.138
NO.137
NO.136
NO.135
NO.134
NO.133
NO.132
NO.131
NO.130
NO.129
NO.128
NO.127
NO.126
NO.125
NO.124
NO.123
NO.122
NO.121
NO.120
NO.119
NO.118
NO.117
NO.116
NO.115
NO.114
NO.113
NO.112
NO.111
NO.110
NO.109
NO.108
NO.107
NO.106
NO.105
NO.104
NO.103
NO.102
NO.101
NO.100
NO.99〜
				
  るいネットメールマガジン【 る い 】NO.120[2004.12.14]

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

        メルマガ 【 る い 】  NO.120 [2004.12.14]
            http://www.rui.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  上記のアドレスからるいネットにアクセスしていただきますと、自動的に
 ログインできます。(一部のパソコンでは、使えない場合もあります)
─┬─────────────────────────────────
1  今週の注目投稿
─┴─────────────────────────────────
★社会統合板お題より、「人権って、他人を抑圧してない?」
 についての議論をご紹介します。
======================================================================  
◇ セクハラの驚くべき事実。 
      【廣重圭一 ( 41 東京 技術者 ) 04/12/12 AM04】 
 
  >大した問題だと思ってなかった。
   (参照 http://www.rui.jp/message/05/86/56_35ea.html )

  私もセクハラというと一般には男から女への性的いじめ、性暴力
  というイメージがあり、何でそこまでやるの?程度しか思ってい
  ませんでした。ところが、セクハラのことを調べてみると、実は
  誰でもセクハラと訴えられて、おかしくない状況があることに愕
  然としました。
 
  セクハラ行為か否かのポイントは「された本人が嫌な気持ちにな
  ったかどうか」ということだそうです。だから、同じ事でもAさ
  んにすると「セクハラ!」と訴えられ、Bさんにすると「コミュニ
  ケーション」になる場合もあります(これこそが差別では!)。

  例えば、セクハラの事例として、学校で先生が、性差で役割分担
  を決めてしまうことや(掃除の分担でごみ捨ては男、女は窓拭き)、
  会社で男が女性のみ「ちゃん」づけで呼ぶ、「女の子」という扱
  いをする等。湯茶サービス・コピーなどの雑用、補助的な仕事は
  女性担当とする。これらもセクハラです。

  また裁判にしても行為の性質上、第三者の面前で行われる事は少
  ないため、行為を直接見聞した証人がいることは少なく、限られ
  た人間の中で裁判が進められ、本人が嫌な気持ちになったがポイ
  ントです。だからセクハラと訴えた場合が圧倒的に勝訴のケース
  が多いそうです。
 
  訴えられれば被害者に対する和解金・損害賠償金などの直接的な
  損失はもちろん、そればかりではなく、紛争化することによって、
  自身の職場や社会あるいは家庭に於ける信用・評価を失わせる事
  にもなります。共認動物である人間にとってこんな辛い事はあり
  ません。こんな強制権利のポイントが「された本人が嫌な気持ち
  になったかどうか」にゆだねられる。誰がどう考えてもおかしい。

  ここで考えたいのは、セクハラが良い悪いという価値軸ではなく、
  何であれ法律として適用する以上、万人の共認が必要だというこ
  とです。この当たり前のことが蔑ろにされているということです。
  大多数の人が何かおかしいと感じながらも、一部の団体の権利・
  人権+マスコミ権力で、あたかも皆が共認したように法律まで出
  来てしまう。みんな共認の場の必要と、それが、現在の権利・人
  権に替わるものだと思います。  

  全文 http://www.rui.jp/message/08/19/54_1022.html 

  ---------------------------------------------------------------
◇ 『人権』って何? 
     【西知子 ( 29 京都 秘書 ) 04/12/09 PM07】 
 
  『人権』って何だろう。

  >そしてその権利の根拠となっているのが「天賦人権説」。つま
  り人権は生まれながらに与えられているもの、天が与えたものと
  いう訳です。
  (参照 http://www.rui.jp/message/05/84/57_11ee.html )

  現実は、例えば誰かの欠乏(期待や欲望)が実現したとして、そ
  こにはそれに応えてくれた対象(環境や相手)が必ず存在する。
  なのに、『人権』という概念は、その“応えてくれた対象”をま
  ったく捨象して、当然与えられる(べき)ものであるかのように
  認識させてしまった。

  >旧観念は都合の良い潜在思念(共認価値や自我幻想)を結晶させ
  て作られており
  (参照 http://www.rui.jp/message/07/14/64_46fe.html )


  元々対象を捨象して己に都合よく作られた観念なのだから、他人
  を抑圧することになるのは、当然なのかも。  
  
  全文 http://www.rui.jp/message/08/22/95_c5f0.html
  
  ---------------------------------------------------------------
◇ 「権利」は自己正当化のために捏造された架空観念 
        【北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 03/07/10 PM11】 
 
  マナーファシズムの中核に権利という観念があるという指摘は、
  私もその通りだと思います。この「権利」(人権)という観念は
  男女同権にせよ、嫌煙権にせよ日照権等にせよ、全て己の利害を、
  相手や社会に対して要求する際の根拠概念として用いられていま
  す。
  もちろん現在国家の最大の支出項目である福祉も基本的人権が論
  拠となっています。しかもその要求の中味は概ね「いい生活」や
  「身分獲得」の私権がらみです。つまり私権の追求と保証を正当
  化し、美化した観念といえます。

  ところで、この「権利」なる観念はどこから生まれたのでしょう
  か?この観念が生まれたのはロック・ミル・ルソー等の近代思想
  家が起源ですが、いずれも国家による、私有権と生存の保証を核
  とした主張です。
  そしてその権利の根拠となっているのが「天賦人権説」。つまり
  人権は生まれながらに与えられているもの、天が与えたものとい
  う訳です。要するに自然科学上や社会科学上の事実に基ずく根拠
  は一切ありません。

  全く現実の根拠が無いにもかかわらずそれが作られた理由は、お
  そらく近代になって万人に市場という私権追求の可能性が開かれ、
  その主体を正当化する必要性にあったのだと思われます。つまり
  この権利という観念は私権主体として、社会や相手に対して批判
  や要求を行う上で、そういった要求を正当化する観念として捏造
  されたものと言えると思います。

  >しかし、剥き出しの自我では人々に共認されない。社会に要求
  する以上、それがあたかも本源的要求であるかの様に見せかけな
  ければならない。そこで、際限なく肥大してゆく反社会的な自我
  やそれに基づく要求を正当化する為に、もっともらしく幻想観念
  化した権利という欺瞞観念を捏造した。権利とは、集団捨象の自
  我→要求をもっともらしく見せかける為の架空観念に過ぎない。
  だから、近代思想が掲げる権利は、どれを取っても「この権利は
  絶対である」という根拠など全く何も無いのであって、あるのは
  己の自我・私権を貫徹する為の一方的な要求だけである。だから
  こそ、近代思想は権利だけを絶対的なものとして主張し、義務を
  欠落させているのである。
  (参照 http://www.rui.jp/jitugenron/2_8_seik.html#05 )

  貧困が消滅し私権圧力が衰弱すれば、普通の人々は取り立てて私
  権上の不平不満もなくなり、要求には収束しなくなる。つまり普
  通の人はモノを言わなくなる。だからこそ逆に一部の否定性や被
  害者意識の強い人々の声だけがまかり通るようになっていく。そ
  れがいかに殆どの人の実感からずれていたとしても、権利という
  旧観念を社会統合上の観念として共認している限り、反論も出来
  ないので次々と法制化され強制されていく。同じ旧観念を飯のタ
  ネとしているマスコミもそれを後押しする。

  旧観念が「自由」というお題目とは裏腹に、一握りの人々によっ
  て、規制だらけのファッショ社会を作り上げていくからくりはこ
  こにあると思う。  

  全文 http://www.rui.jp/message/05/84/57_11ee.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※【 】内は投稿者名・プロフィール・投稿日時です。
※投稿は一部要約しています。
※配信アドレスの変更、配信中止は、以下のページにて可能です。
 http://www.rui.jp/mm/mm_annai.html
※お問い合わせは「るいネット編集部」ruinet@rui.ne.jp まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇るいネット⇒ http://www.rui.jp 				
				
このページのトップへ