メルマガ・るいのご案内へ


【バックナンバー】
NO.183〜
NO.182
NO.181
NO.180
NO.179
NO.178
NO.177
NO.176
NO.175
NO.174
NO.173
NO.172
NO.171
NO.170
NO.169
NO.168
NO.167
NO.166
NO.165
NO.164
NO.163
NO.162
NO.161
NO.160
NO.159
NO.158
NO.157
NO.156
NO.155
NO.154
NO.153
NO.152
NO.151
NO.150
NO.149
NO.148
NO.147
NO.146
NO.145
NO.144
NO.143
NO.142
NO.141
NO.140
NO.139
NO.138
NO.137
NO.136
NO.135
NO.134
NO.133
NO.132
NO.131
NO.130
NO.129
NO.128
NO.127
NO.126
NO.125
NO.124
NO.123
NO.122
NO.121
NO.120
NO.119
NO.118
NO.117
NO.116
NO.115
NO.114
NO.113
NO.112
NO.111
NO.110
NO.109
NO.108
NO.107
NO.106
NO.105
NO.104
NO.103
NO.102
NO.101
NO.100
NO.99〜
				
  るいネットメールマガジン【 る い 】NO.101[2004.07.20]

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

        メルマガ 【 る い 】  NO.101 [2004.07.20]
            http://www.rui.jp/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

─┬─────────────────────────────────
1  今週の注目投稿
─┴─────────────────────────────────
★ 「社会統合」の会議室から、『根本規範に対する100%の肯定視』
  についての議論をご紹介します。
======================================================================  
◇ 感謝の涙は、いい気持ち。 
                  【三輪歩未 ( 23 群馬 OL ) 04/07/17 AM00】 
 
  私も謝罪と感謝をやってみました。

  目をつぶって、まず瞑想をする。
  すると、すごくリラックス状態になって、何も考えない。
  観念を捨象してる感じ。
  そうすると、思い出そうとはしてないんだけど、ふといろいろな情景が
  浮かんだり、想いが出てくる。

  初めは、期待してくれてたのにそれに応えてなかったことや、期待に応
  えてくれた人のことが浮かんできて、申し訳なかったなあ、そして、あ
  りがとうという想いになって、涙が出てくる。
  このときは、謝罪と感謝の割合は半分半分という感じ。

  何回かやるうちに、具体的な人は出てこなくなって、育ったところの周
  りの情景とか昔の記憶の断片が次々と浮かんできて、それと同時に、み
  んなみんなつなっがてるんだ、みんなに守られてるんだっていう想いが
  湧いてきて、自然と涙が出てくる。

  回数を重ねるごとに、感謝の涙が増えてくる。

  感謝の涙は、すごい充足感に包まれて、いい気持ち。  

  全文 http://www.rui.jp/message/07/50/90_6955.html

  ---------------------------------------------------------------
◇ 観念機能の再生は100%肯定視から? 
       【中瀬由貴 ( 22 神奈川 会社員 ) 04/07/18 PM05】 
 
  「謝罪・感謝」っていうと自分の身の回りの人がパッと思い浮かぶ。
  今までごめんね…と同時に、ありがとう。もっともっと応えたいって
  思う。涙が出る。
  その一方で、「根本規範」を意識して謝罪・感謝してみる。
  これは身の回りの人に謝罪・感謝するのとはちょっと違う感じ。

  >人類500万年の歴史なんだと知るとみんなを越えて何か壮大なものに
  包まれてる感じで幸せ。
  (参照 http://www.rui.jp/message/07/50/75_ef5c.html )

  まさにこんな感じ。全てを受け入れられる。無の境地。
  自分はなくて、ただただみんながいる。100%肯定視。
  本当に有難たっくて、ほんわか笑顔になる。

  この「根本規範」を意識して謝罪や感謝は
  >極限状況の中で、人類は直面する現実対象=自分たちを遥かに超えた
  超越存在たる自然を畏れ敬い、現実対象=自然に対して自分たちの生存
  (=危機からの脱出)への期待を込め、自然が応望してくれる事を切実
  に願った。
  (参照 http://www.rui.jp/jitugenron/1_6_jinr.html#03 )

  って事と一緒なのかも。
  そして、
  >人類が万物の背後に見たこの精霊こそ、人類最初の観念であり、人類
  固有の観念機能の原点である
  (参照 http://www.rui.jp/jitugenron/1_6_jinr.html#03 )

  ならば、みんなを100%肯定するところから観念機能は再生されていくの
  かなって思いました。  
  
  全文 http://www.rui.jp/message/07/51/57_a7bc.html
 
  ---------------------------------------------------------------
◇ 超越存在 
    【西知子 ( 29 京都 秘書 ) 04/07/15 PM10】 
 
  >生存圧力が働かなくなると、性闘争本能も次第に作動しなくなってし
  まいます。
  (参照 http://www.rui.jp/message/07/32/92_01cc.html )
  
  「逆に、生存圧力がかかっていたら、女どころではないのでは?」という
  疑問が、なんでや劇場で出てきました。
  みんな一瞬、「そうかも・・・」って思ったんですが、これも、現代特有
  の自分病からくる発想だったんです。
  そのときの答えはこうでした。

  『本能というのは、現代の狂った人類のように、「まず自分ありき」では
  なく、生存闘争も性闘争も、全ては種の存続(進化)の為、つまり、生殖
  の為の闘争だと言える。
  それは、単細胞も含めた根本原理であり、だから、女・子供の安全を守る
  為に男は闘う、という関係になっている。』

  本能も、男の人も、すごい!!
  尊くて、有り難くて、幸せ。。  

  全文 http://www.rui.jp/message/07/50/16_6679.html

  ---------------------------------------------------------------
◇ 史観を貫通する対象への肯定視 
     【麻丘東出 (43 兵庫 環境コンサルタント) 04/07/17 AM00】 
 
  >人類をさかのぼって普遍的に肯定視できれば、今現在の人達、誰でも、
  いい女・いい男の基礎はもってる。だから、現代、具体的な人を想定し
  てみても、既に普遍的な地平で肯定視してしまってるので、ホント文字
  通り誰とでも充足できる。
  普遍=個別になるんじゃないかなぁと思いました。
  それだったら誰にでも感謝できそう。 
  (参照 http://www.rui.jp/message/07/50/28_2ab1.html )

  目の前の対象や言葉だけを見ていると玉石混淆、肯定視できるものもあ
  れば出来ないものもあり混乱するばかりで、そこに答えを求めても閉塞
  こそすれ可能性が見えてこない。

  >男と女もだけど、それだけじゃなくて、そもそも誰とでも充たし合う
  ために、自分もみんなも存在してる
  (参照 http://www.rui.jp/message/07/47/29_20c7.html )

  目に映る肯定や否定の対象を“突き抜けた”先にある存在(⇒みんな地平
  にある超越存在)への肯定視。
  この史観を貫通し統合する対象への肯定視なら、余計な自分観念が入る余
  地が無く、逆に自分観念を殺ぎ落とさないと肯定できない。
  従って、その超越存在への肯定視から生まれる根本規範に照らし合わせれ
  ば、目前の対象への肯定/否定に囚われなく突破できる。

  女が感謝と謝罪を通して超越存在への肯定視を実現し、そこからイイ男の
  根本規範に収束しようとしている。
  男も感謝と謝罪を通して超越存在(女は太陽)を肯定視し、史観を貫通す
  る根本規範⇒『女の期待に応える⇒女を充たす』ことに(ウダウダ言わず
  に)収束すればいい。

  イイ女の充足期待に応える男になる!  
 
  全文 http://www.rui.jp/message/07/50/93_4afb.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※【 】内は投稿者名・プロフィール・投稿日時です。
※投稿は一部要約しています。
※配信アドレスの変更、配信中止は、以下のページにて可能です。
 http://www.rui.jp/mm/mm_annai.html
※お問い合わせは「るいネット編集部」ruinet@rui.ne.jp まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇るいネット⇒ http://www.rui.jp 				
				
このページのトップへ